芸能

上島竜兵さん死去「心を最後にパッと明るく」出演中ドラマにコメントしていた

上島竜兵さんの訃報で、悲しみに包まれた

上島竜兵さんの訃報で、悲しみに包まれた

 人気お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」メンバーの上島竜兵さん(61)の訃報に、芸能界で悲しみの声が広がっている。お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統(49)は、MCを務める『ノンストップ!』(フジテレビ系)の中で、「これからダチョウさん3人で芸をやっていくところが見られないと思うと、すごく悲しい」とコメント。お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(45)も自身のTwitterに「嘘だと言ってほしい。信じられないです。本当に。」と悲しみを綴った。

 ダチョウ倶楽部の公式Instagramには、ファンからも悲しみのコメントが相次いでいる。2日前にアップされた劇団ひとり(45)と笑顔でガッツポーズするツーショットの投稿には「信じられません」「とても寂しいです」といったコメントが続々。

「ヤー!」「くるりんぱ!」「押すなよ! 絶対押すなよ!」といった数々の鉄板ギャグで知られる上島さん。お笑いでの活躍はもちろん、役者としても人気を博していた。2021年は、『真犯人フラグ』(日本テレビ系)での演技がTwitterでも話題となった。

 現在放送中の『やんごとなき一族』(フジテレビ系)ではダチョウ倶楽部の3人で、大衆食堂の常連客として出演。同様に今クール放送中の学園ラブコメドラマ『恋に無駄口』(ABCテレビ/テレビ朝日系)では、生徒役を演じる若い俳優たちにまじって、学園の「ナゾの校務員さん」として出演している。

 同ドラマでは出演シーンが少なくない役どころだけに、公式サイトで紹介されている出演者のメッセージにも、上島からのコメントが掲載されている。

〈キラキラした若い高校生の作品の中で「コメディ要素のちょっとした調味料」として参加できたらと思っております。少しだけネタバレすると…私の役は皆さんの心を最後にパッと明るくします〉

〈ドラマをご覧になられる皆様に、少しでも明るい気持ちをお届けできればと思っていますのでお楽しみに!〉

 そう綴っていた上島さん。その人生は、日本中を明るい話題で包み込むものだった。ご冥福をお祈りいたします。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル 0570-783-556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル 0120(783)556(毎日:午後4時~同9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時)

関連記事

トピックス

始球式に登板した稲村は基本ノーバン(時事通信フォト)
《基本ノーバン》稲村亜美の球速が激減、2年間もマウンドから遠ざかる「始球式の女王」「神スイング」は今 
NEWSポストセブン
デートは必ず手つなぎで
小室圭さん眞子さん夫妻“マンハッタンよりも治安のいい郊外”の高級マンションに新居か
女性セブン
「渋谷区『新しい学校づくり』整備方針~学校施設の未来像と建て替えロードマップ~」より
【ジェンダーレストイレ問題が続々】小学校に地域開放ユニバーサルトイレ設置案、渋谷区教委に憤るママ区議「子どもたちの安全を!」
NEWSポストセブン
西谷浩一監督
高校野球界「一強」の大阪桐蔭に異変 まさかの「4連敗」で投手陣は緊急事態、打線はタイムリー欠乏症の懸念
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
“大谷翔平に詳しすぎる解説者”として人気沸騰・福島良一氏が明かす「大谷と歴代日本人選手の決定的な違い」
週刊ポスト
鈴木蘭々が振り返る『ポンキッキーズ』 「番組で発表した楽曲が再び私の人生を変え始めている」
鈴木蘭々が振り返る『ポンキッキーズ』 「番組で発表した楽曲が再び私の人生を変え始めている」
女性セブン
ウーマンラッシュアワー・中川パラダイス(左)と鳥居みゆき(右)
鳥居みゆき×中川パラダイス対談 異色すぎる新ユニットライブ「村本は呼びません!」 
NEWSポストセブン
性加害報道のあった木下ほうか(前所属事務所のホームページより。現在は削除済み)
【LINE全文】木下ほうかが取り下げた性加害報道裁判「ヤダヤダって何度も言ってるのに無理矢理そのまま入れようと」「直接会って謝りたいです」 事件直後のやりとり34通
NEWSポストセブン
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
秋篠宮さまと紀子さま、英国王戴冠式で垣間見られた“不協和音” 悠仁さまの教育方針でも意見の食い違い
女性セブン
リナ・ローズ氏と高級スクール
「トラブルで辞める人多数」元保護者が激白する麻布の高級スクールへの違和感 本部あるビバリーヒルズ住所を調べた結果
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
暴力団幹部「ベンツなんてもう乗らない。トヨタの200万円だよ」ヤクザの高級車離れで“メンツよりもコスパ”の時代へ
NEWSポストセブン
御成婚30年を迎えるおふたり(写真/共同通信社)
御成婚30年の天皇皇后両陛下 喜びや悲しみを分かち合ってきた「愛と絆の歩み」
週刊ポスト