芸能

滝川クリステルが見据える将来 息子はセレブ幼児教室通い、選挙区へのアピールも

滝川クリステルの息子はセレブ幼児教室通い

息子をセレブ幼児教室に通わせている滝川クリステル

 4月下旬の昼下がり、一台の高級車が都心の幹線道路に停車した。運転席から降りてきたのは、黒のキャップを目深に被り黒のスパッツにサンダルを履いた滝川クリステル(44才)。足早にビルに入ると、2才になった愛息を抱えて戻ってきた。

「このビルには有名な幼児教室があります。日本語と英語のバイリンガル教育に加え、フランス語や中国語の教材もあり“国際社会で活躍するリーダー”の育成を謳っています。週に5日、朝から夕方までのコースだと年間200万円以上の授業料がかかります。滝川さんの息子さんがどのコースに通っているかはわかりませんが、昨年の春頃からお見かけしますね」(保護者のひとり)

 1才からセレブ幼児教室で英語教育とは、意識の高さを感じさせるが、“小泉家”にとって英語の習得は悲願でもあるようだ。フランス人の父と日本人の母を持つ滝川クリステルは、日本語・フランス語・英語を話すトリリンガル。しかし英語圏で暮らした経験はなく、英語は独学で習得したという。

「滝川さんの英語は発音やイントネーションがぎこちなく、日本人特有の“カタカナ英語”なんです。ネット上ではその発音を揶揄する声もあがっています」(芸能関係者)

 さらに、夫の小泉進次郎・前環境大臣(41才)にとっても英語は鬼門と言える。進次郎氏は2019年9月に環境大臣として初入閣。その直後に米ニューヨークで行われた国連の会合に出席し、外交デビューを果たした。その際、進次郎氏は意気揚々と英語でスピーチを披露したが、「気候変動問題にはセクシーに取り組むべき」という“珍発言”によって国内外からひんしゅくを買ってしまった。

「当時は“セクシー発言”ばかり注目されましたが、その裏で彼の英語力が酷評されました。文法がメチャクチャなんです(笑い)。彼は米国の名門・コロンビア大学の大学院に留学し修士号を取得して、その後はワシントンのシンクタンク(戦略国際問題研究所)に勤務していますが、その英語でまともに働けていたのかと疑問を抱く人も少なくなかった」(永田町関係者)

 思えば、結婚後の進次郎氏には逆風が吹き荒れていた。前述のセクシー発言以外にも、発信する言葉が「ポエムだ」と批判され、環境大臣時代に強行したレジ袋有料化も後に本人が「あれは私じゃないんです」と責任逃れに終始したりと、もはや“将来の総理候補”の声は聞こえなくなった。

「もちろん滝川さんは悪くないのですが、結婚で潮目が変わってしまったのは事実。彼女もその空気を感じ取って、“政治家の妻”として改心しているようです。進次郎さんと小泉家の5代目となる息子さんのために変わろうとしています」(永田町関係者)

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
神戸山口組幹部自宅に車両突っ込み 分裂抗争再燃か、変化する六代目山口組の動き
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン