国内

暴力団事務所襲撃 入念なシミュレーションでも場所を間違える理由

写真/AFLO

襲撃で場所を間違える理由とは?(写真はイメージ/AFLO)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、暴力団事務所襲撃の際、実行犯はいかにして“リスク”を回避するのか、暴力団関係者らが語る。

 * * *
 5月3日、岡山市北区にある指定暴力団・池田組の関連施設に、軽ワゴン車が突っ込み、建物の壁面や窓ガラスなどを損壊するという事件が起きた。犯人は特定抗争指定暴力団、六代目山口組傘下の51才の組員。事件の後、約30分後に岡山中央署に自首し、建造物損壊の疑いで緊急逮捕された。警察の取り調べで容疑者は「自分の車を運転してバックで突っ込んだ」と供述しているという。

 ある暴力団関係者からLINEで情報が送られてきたのは事件の日の夜。ビルに突っ込んだままの軽ワゴン車の前で、警察の鑑識捜査が行われている現場写真や、窓ガラスが割れたビルの写真があった。暴力団関係者にとっても、LINEは便利な情報ツールだ。暴力団というキーワードが付く事件が起こる度、彼らからのLINEには、事件概要だけでなく現場の写真や動画が飛び交う。事件の一部始終が撮られていることもあれば、血だらけになって横たわる被害者や犯人らしき人物が映っていることさえある。そしてその映像は、メディアのニュースソースとして流れることも多い。

 池田組は、神戸山口組から離脱して独立組織になっており、容疑者は六代目山口組傘下の五代目山健組系組員だ。五代目山健組は六代目山口組から一度脱退し、その後、脱退した他の組とともに神戸山口組を結成したが、2020年に組を離脱。2021年に再び六代目山口組に復帰している。池田組も五代目山健組も同じ組織の傘下だった組同士なのだ。情報をくれた暴力団関係者が「面白いですよね」とコメントするぐらい、山口組が分裂して以降、離脱に脱退、破門に復帰が繰り返され、傍目には誰が身内で敵なのか分かりにくくなっていた。

 警察は暴力団抗争の可能性も視野に入れているというこの事件、LINEにはこんな内容も送られてきた。

「バットを持って事務所に行ったが、誰も出てこないのでガラスを全部割ったそうだ」

 突っ込んだ施設には普段、組員が出入りしていたというが、事件当時、人がいたかどうかは分かっておらず、警察が捜査中だ。容疑者の動機は不明だが、相手がその場にいるかいないか分からないというのは、このような場合リスクでしかないはずだ。

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン