芸能

『持続可能な恋ですか?』上野樹里を見ながら、ドラマ視聴の持続可能性について考えた

上野樹里

夫・和田唱のソロライブに訪れた際の上野樹里

 また、杏花の幼なじみで居候の颯役・磯村勇斗さんの演技もいい。ちゃらっとした明るいキャラかと思いきや、「母からの電話」を境にガラリと違う風貌に。暗くマジな颯に転換するあたり、演技の工夫を見る楽しみにも満ちています。

 初めてヨガ・レッスンを受けた颯に対して、「がんばり疲れたときには、私と一緒にダラーンと脱力のひとときを過ごしましょう」と語りかける杏花。その夜、颯は杏花の肩にもたれかかってダラーンとした時を過ごす。特に刺激的な男女関係でなく、セリフも少なく、ただ静かで肯定的な時間が流れる。情報過多の世の中だからこそ、このドラマを見続ける気にもなる。これぞ、視聴の「持続可能性」を生み出す一因ではないでしょうか。

 肯定的な空気といえば、上野さんの感性が漲っていて個人的に好きなのが大和ハウスD-roomのCMシリーズ。怖がりな夫(中村倫也)が「早く返ってきてください」と懇願。メキシコに出張中の妻(上野樹里)は「安心したまえ」。にっこりと微笑みながら「ただいま」というセリフの温かさ。支え合う夫婦の空気が漂っていて心がほっこりします。

 癒やし系だけでなく、キッパリとした物言いも魅力の上野さん。振り返れば、『監察医 朝顔』(2019年フジ系)で好評をとりました。役者としての底力を見せたのは『テセウスの船』(2020年TBS系)の記者・由紀役。たった数分間の由紀の演説が、もう目を離せない迫力で役者としての集中力はアッパレでした。

 先日は、夫のトライセラトップス・和田唱さんが、泥酔してステージに上がった奥田民生さんに対してTwitterで疑問を呈して話題に。奥田さんをステージに上げた責任は和田さん側にもあるのでは、と指摘がなされると、すかさず割って入ったのが和田さんの妻・上野さんでした。「ゲストに呼んだのは唱さんじゃありません。イベント側です」とツイートし、ネット上では「上野樹里まで出てきた!」と注目を集めました。

 大和ハウスD-roomのCMシリーズとは夫婦の形が違えども、支え合う2人の姿が伝わってほっこりくるエピソードでした。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト