芸能

サンジャポ抜擢・TBS良原安美アナに密着「遅咲きの歩みでよかった。まだ私は蕾」

入社5年目のTBS良原安美アナに密着

入社5年目のTBS良原安美アナに密着

 日曜朝のジャーナリズム・バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)第8代アシスタントに4月から良原安美アナウンサーが抜擢された。入社5年目で初回から堂々とした進行に共演者が「面白くない」と“苦情”を漏らすほどの安定感を見せる。

「実際は緊張感で張り詰めていて、翌日くらいまで興奮状態が続いてしまうほどなんです(苦笑)。それでも落ち着いた進行と感じていただけたのは、この春まで2年間お世話になった爆笑問題さんとのラジオのおかげです。多彩なゲストを迎える4時間の生放送で度胸もつきましたし、トークスキルや進行の間の取り方など、おふたりからたくさん学びました。爆笑問題さんとの絡みでは『やめてくださいよ!』を禁句にしています。それ以上広がらなくなってしまうので。放送は必ず振り返り、“話を振られて今日はこうリアクションしたけれど、他にはどんな返しができるか”など、今後に役立つメモを書きためています」

 ニュースプレゼンターとして参加する報道番組『Nスタ』で培われた経験も、安定感に繋がっているのだろう。

「台本だけに頼らず、自分の言葉を交えてわかりやすく伝える姿勢は『Nスタ』仕込みです。もともとはエンタメ情報番組志望でしたがラブコールは届かず、1年目は本当に仕事もなくて……。焦りですごく悩みましたが、こつこつ積み重ねてきた5年目の今だからこそ、『サンジャポ』でも自分が果たせる役割があると胸を張れるようになりました。今は逆に各駅停車的な“遅咲き”の歩みでよかったなって思うんです」

 現在の開花状況は「まだまだかたい蕾」だと語る。

「この仕事が心から好きなので実力を蓄えながら開花はなるべくゆっくりと、伝え手として長い命でありたいです。置かれた場所で自分の花を咲かせ、30代を迎える頃にTBSには良原がいると安心して見られるアナウンサーになれていたら嬉しいです」

【プロフィール】
良原安美(よしはら・あみ)/1995年10月9日生まれ、神奈川県出身。立教大学卒業後、2018年にアナウンサーとしてTBS入社。紙と活字とサウナを愛し、読書とサウナ巡りが趣味。ラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』などを経て、現在の担当番組は『Nスタ』(月・火)、『サンデー・ジャポン』。

撮影/藤本和典 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン