芸能

サンジャポ抜擢・TBS良原安美アナに密着「遅咲きの歩みでよかった。まだ私は蕾」

入社5年目のTBS良原安美アナに密着

入社5年目のTBS良原安美アナに密着

 日曜朝のジャーナリズム・バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)第8代アシスタントに4月から良原安美アナウンサーが抜擢された。入社5年目で初回から堂々とした進行に共演者が「面白くない」と“苦情”を漏らすほどの安定感を見せる。

「実際は緊張感で張り詰めていて、翌日くらいまで興奮状態が続いてしまうほどなんです(苦笑)。それでも落ち着いた進行と感じていただけたのは、この春まで2年間お世話になった爆笑問題さんとのラジオのおかげです。多彩なゲストを迎える4時間の生放送で度胸もつきましたし、トークスキルや進行の間の取り方など、おふたりからたくさん学びました。爆笑問題さんとの絡みでは『やめてくださいよ!』を禁句にしています。それ以上広がらなくなってしまうので。放送は必ず振り返り、“話を振られて今日はこうリアクションしたけれど、他にはどんな返しができるか”など、今後に役立つメモを書きためています」

 ニュースプレゼンターとして参加する報道番組『Nスタ』で培われた経験も、安定感に繋がっているのだろう。

「台本だけに頼らず、自分の言葉を交えてわかりやすく伝える姿勢は『Nスタ』仕込みです。もともとはエンタメ情報番組志望でしたがラブコールは届かず、1年目は本当に仕事もなくて……。焦りですごく悩みましたが、こつこつ積み重ねてきた5年目の今だからこそ、『サンジャポ』でも自分が果たせる役割があると胸を張れるようになりました。今は逆に各駅停車的な“遅咲き”の歩みでよかったなって思うんです」

 現在の開花状況は「まだまだかたい蕾」だと語る。

「この仕事が心から好きなので実力を蓄えながら開花はなるべくゆっくりと、伝え手として長い命でありたいです。置かれた場所で自分の花を咲かせ、30代を迎える頃にTBSには良原がいると安心して見られるアナウンサーになれていたら嬉しいです」

【プロフィール】
良原安美(よしはら・あみ)/1995年10月9日生まれ、神奈川県出身。立教大学卒業後、2018年にアナウンサーとしてTBS入社。紙と活字とサウナを愛し、読書とサウナ巡りが趣味。ラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』などを経て、現在の担当番組は『Nスタ』(月・火)、『サンデー・ジャポン』。

撮影/藤本和典 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン