芸能

『鎌倉殿の13人』“義経への裏切り・追討”と“頼朝の最期”はどう描かれるのか

激動の歴史を脚本の三谷幸喜氏はどう描くか(C)NHK

激動の歴史を脚本の三谷幸喜氏はどう描くか(C)NHK

 放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、序盤の和やかなホームドラマから一転、物語は身内で謀略が行き交う緊張の中盤にさしかかる。史実では今後、主要キャストにさらなる重大事件が待ち受ける。激動の歴史を脚本の三谷幸喜氏はどう描くのか。

 第18話(5月8日放送)の「壇ノ浦の戦い」で見事平家を滅ぼした源義経(菅田将暉)だが、強すぎるがゆえに兄・源頼朝(大泉洋)に警戒され、鎌倉入りを拒まれる。

 史実ではこの後、義経が後白河法皇(西田敏行)に頼朝追討の命を受けるが、法皇が義経を裏切り、逆に「義経追討」を頼朝に命ずることになる。

 窮地に陥る義経の運命を三谷氏はどう描くのか。時代劇研究家のペリー荻野氏が予想する。

「従来の作品では義経は“悲劇のヒーロー”として描かれるのが定番でしたが、今回の大河では義経を含めて登場人物全員がダークな面を抱えていて、そこがまた面白い。

 義経は兄の義円(成河)を陥れたり、壇ノ浦でも敵の船の漕ぎ手を矢で狙い撃つ狡猾さを見せてきました。だからその死も、悲劇ではなく“因果応報”を感じさせるかも」

 菅田が演じる義経は、天真爛漫なようで手段を選ばない「サイコパス感」が話題になっている。

「育ての親である藤原秀衡(田中泯)の元に身を寄せた時に、戦の天才が『この生き方でよかったんだろうか』と顧みるか注目です」(ペリー氏)

『吾妻鏡』に書かれていない頼朝の「死因」

 義経以上にダークに描かれている今回の頼朝。彼の死因は鎌倉幕府の正史『吾妻鏡』に書かれていない、鎌倉幕府最大のミステリーだ。

 その後の時代の記述から落馬説、糖尿病による病死説など諸説あるが、歴史研究家の河合敦氏は、「今作では暗殺される可能性がある」と見る。

「頼朝を殺すとしたら、北条時政(坂東彌十郎)か梶原景時(中村獅童)あたりが怪しい。景時が善児(梶原善)を使って暗殺する可能性も考えられます」(河合氏)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト