芸能

佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」

佐藤浩市

『鎌倉殿の13人』での上総広常役が話題に

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で上総広常が非業の死を遂げた直後から、SNSでは「#上総介を偲ぶ会」が立ち上がり、いまだに「上総介ロス」という人もいるという。演じたのは、佐藤浩市(61才)。昨年末には歌手デビューを飾り、最新出演作である映画『20歳のソウル』も公開になるなど、60才を過ぎたいまも、新たな活動の場を広げ、注目を集め続けている佐藤に話を聞いた。(全4回の3回目。第1回から読む)

 最新作、映画『20歳のソウル』では、指揮棒を振っている。主人公の大義(神尾楓珠)は千葉県船橋市立船橋高校で吹奏楽部に所属し、音楽を通じて絆を紡ぐ仲間たちとともに青春を満喫中。

 そんなある日、野球部を応援する曲を作ろうと一念発起する。こうして生まれた『市船soul』は、“この曲を演奏すると試合の流れが好転する”といわれる神曲に。音楽教師になる夢を抱き、卒業後は音楽大学へと進学した大義だったが、がんに襲われ、人生の幕を下ろす。20才だった。

 実話を元にして出版された本を原作に製作された本作の中で、佐藤は吹奏楽部の顧問であり、大義が憧れる教師の高橋健一役を演じている。

「秋山純監督から声をかけてもらって原作を読み、お引き受けしました。大義くんのご親族やご友人など周囲にいらしたかたがたにとって、こんなにつらい話はないでしょう。ただ『市船soul』が後輩へと受け継がれているということに救いがあると感じたんです。映画化された作品を通して、最後の最後まで家族のこと、友達のこと、恋人のこと、そして音楽のことを思いながら精一杯に生きた大義くんの姿を観てほしいという気持ちで撮影に臨みました」(佐藤・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン