芸能

「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ

有吉弘行

竜兵会で上島さんと交流のあった有吉弘行

 いつだって人気タレントの訃報には、多くの追悼コメントが寄せられる。ただ、ここまで惜しまれて、故人を失った辛さが溢れ出ることは、そう多くはない。5月11日に急死したお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵さん(享年61)については、お笑い界の大御所3人を始め数多くの人々が、さまざまな思いを吐露した。

 ビートたけし(75才)は、11日当日の公式サイトに「大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」と、苦しい胸の内を率直に表明した。

 たけしを古くから知る芸能関係者は「2年前の志村けんさん(享年70)の時は『戦友』と惜しみながらも、一方で幸せだったと送り出す思いもありました。今回ほど悲しさばかりの感情を明かされたのは、1999年にお母さんが亡くなった時以来かもしれません」と話す。

 上島のリアクション芸が開花したのは『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(1989~1996年)。“育ての親”の1人として、寿命を全うしなかった“弟子”の最期に打ちひしがれた。

 明石家さんま(66才)は「堪えた。好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」とやりきれなさを口にして、笑福亭鶴瓶(70才)も「本当にその通り。お笑い人がみんな傷ついている」と同意した。

 ダウンタウン松本人志(58才)も『ワイドナショー』で、「40年近く要所要所で番組で盛り上げてくれて…、ちょっとゴメンナサイ…」と、声を詰まらせ瞳を潤ませた。

 前出の芸能関係者は「『テレビでは泣かない』と公言する松本さんのあの姿は珍しかった。司会の東野幸治さんがフォローしなければ危なかった」と語る。

 上島さんを囲む飲み会「竜兵会」の後輩だった3人、有吉弘行(47才)、土田晃之(49才)、劇団ひとり(45才)は、それぞれの冠ラジオ番組で語った。

 有吉は、11日夕方に2人きりで対面したこと、通夜・葬儀、火葬場まで同席させてもらったこと明かして「ちょっとツッコんでやろうかなとか、茶化したりとか、バカだなとか言おうと思ったけど、やっぱりお礼しか出なかったね」と、涙声で感謝。「結構元気出たつもりだったんだけど、そういうの繰り返すね。元気出たり、また落ち込んだり…」と、まだ受け止め切れていないことを認めた。

 泣きながら病院に駆けつけたという土田は「僕のボスが死んだ話です。いつもお笑いで簡単な二択を間違えていた上島さんが、最後も簡単な二択を間違えちゃったんだろうな。そっち行っちゃうと全然みんな楽しくないよ、そっちじゃねぇんだよなって。あの世で志村さんにこっびどく怒られて、『すいません』って言ってるのが目に浮かぶ」と、精いっぱいのダメ出しで愛情を表現した。

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン