芸能

歌手デビューの佐藤浩市「原田芳雄さんの唄を次の世代につなげていきたい」

佐藤浩市

初アルバム『役者唄 60 ALIVE』を発表し歌手デビューした佐藤浩市

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で上総広常が非業の死を遂げた直後から、SNSでは「#上総介を偲ぶ会」が立ち上がり、いまだに「上総介ロス」という人もいるという。演じたのは、佐藤浩市(61才)。昨年末には歌手デビューを飾り、最新出演作である映画『20歳のソウル』も公開になるなど、60才を過ぎたいまも、新たな活動の場を広げ、注目を集め続けている。そんな佐藤に歌手活動について聞いた。(全4回の4回目。第1回から読む)

 役者業の傍ら、現在、佐藤は歌手としての活動も精力的に行っている。俳優デビュー40周年を超え、61才を迎えた自身の誕生日にあたる2021年12月10日に、キャリア初のボーカル・アルバム『役者唄 60 ALIVE』を発表し歌手デビューを飾ったのだ。

 といっても、歌い始めたのは10年前の2012年。『赤坂BLITZ』(東京・赤坂)で行われた、『原田芳雄メモリアルライブ』で初めてステージに立って歌ったのだという。

「まさか自分が人前で歌うなんて思ってもいなかったんですけどねぇ。

 ただ原田さんの歌うブルースを聴いてカッコいいなと思っていたし、原田さんに“お前も歌えよ、気持ちいいから”ってすすめられてもいたんです。その後、原田さんが亡くなって追悼ライブをやるから、お前も出ろと誘われて。そこからですね」(佐藤・以下同)

 以来、江口洋介、宇崎竜童、寺尾聰、木梨憲武、吉田栄作、小澤征悦といった音楽仲間とともに定期的にライブハウスで唄を披露してきた。満を持して、還暦記念にアルバムを?と聞くと、

「なんかそういう流れになって。でもコロナがいちばん大変なときだったから、“いまじゃない”と思って、見送ろうとしていたんですよ。そんな矢先に、関係者から原田さんの曲を中心にしたらどうか?という提案があって、心がグラグラっと……」

 と、少し微笑み、話を続ける。

関連キーワード

関連記事

トピックス

妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン