芸能

上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる “恐妻ネタ”の陰で支え合った2人

恐妻ネタも繰り広げた広川ひかるとの夫婦仲

妻は広川ひかる、恐妻ネタも繰り広げた上島さんの、夫婦仲とは

 悲しみに暮れる葬儀場で、残された妻の広川ひかる(51才)は参列者に気丈に声をかけていた。5月14日、ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん(享年61)の葬儀が行われた。11日に都内の自宅で上島さんを広川が発見し、病院に搬送されたが死亡が確認された。葬儀の喪主を務めた広川は最後の挨拶でこう語った。

「寅さんが死んじゃって……あ、寅さんじゃなく竜さんだ」

 上島さんがフーテンの寅さんが好きだったという話をする際に言い間違えた妻の言葉に、その場は笑いに包まれた。広川も笑顔を見せた。だが参列者はみんな知っていた。上島さんに寄り添い続けた広川が、誰よりも悲しみの中にいることを──。

出会いは1本の電話から

 2020年に新型コロナウイルスが猛威を振るい始めて以降、上島さんと広川は住み慣れた街を仲よく散歩するようになった。上島さんの知人が振り返る。

「夫婦で仲よく散歩するなんてことはなかったんですけどね。でも去年くらいから上島さんが“今日もひかるちゃんと散歩しちゃったよ”ってうれしそうに話すようになったんです。“道端に咲いている花がきれいだった”なんて詩人みたいなことを言うから驚きましたよ(笑い)。いま思えば、ひかるさんが上島さんを気分転換に連れ出していたのかもしれませんね……」

 1994年に上島さんと結婚した広川は、もともとものまねタレントとして活動していた。営業先でよく顔を合わせていたふたりが急接近したきっかけは、一本の電話だった。

「ダチョウ倶楽部のリーダーの肥後克広さん(59才)と上島さんが、“女の子を誘って飲もう”と片っ端から知り合いの女性に電話をしたことがあったんです。そのときに唯一上島さんの電話に出たのがひかるさんでした。でもひかるさんが来ることになった途端、肥後さんは気を利かせて“具合が悪い”と先に帰った。ふたりきりで飲んだことで交際に発展していったのです」(前出・上島さんの知人)

 共通の趣味であるプロレス観戦デートで愛を育んだふたりは、広川のアパートで同棲を開始。4年にわたる交際を経て結婚した。1985年にダチョウ倶楽部を結成し、1989年に放送が始まった『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』(日本テレビ系)で体を張ったリアクション芸を披露してブレーク。結婚当時の上島さんは人気絶頂で、広川はタレント業をセーブして多忙な夫をサポートした。

「ひかるさんの担当は、食事や掃除だけじゃありません。上島さんが舞台に出るときは後輩の分までお弁当を作り、車で送り迎え。家計管理も彼女の役割で、上島さんは後輩と飲むときは必ずおごるので、ひかるさんは手持ちの現金がなくならないよう、頃合いを見てこっそりと上島さんの財布にお金を入れていました。本当によくできた奥さんです」(前出・上島さんの知人)

 お笑い芸人として、日々プレッシャーに晒される夫の内面ケアにも取り組んだ。

「夫に尽くしながら、締めるところは締めるのがひかるさんのやり方。上島さんが仕事前にだらしない面を見せると、“今日は絶対にスベるぞ!”と本気で怒っていました。叱られた上島さんが真顔になって“ごめんなさい”とひかるさんに謝る姿が何とも言えず微笑ましかった」(前出・上島さんの知人)

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン