芸能

華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」

「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)

「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)

 歌手・華原朋美(47)が昨年8月に結婚した所属事務所「伝元」の社長兼専属マネージャー・大野友洋氏に発覚した、前妻とのトラブル。夫婦の関係が注目される中で、華原が自身のファンクラブサイトで「人妻じゃなくなります。あと1時間で」と突然宣言したことが、ファンをやきもきさせている。

 前妻とのトラブルを報じたのは『週刊文春』。同誌によると、大野氏は華原以前に結婚歴があり、3人の子どももいるという。前妻へのDVや、子どもたちの養育費を払っていなかったことも報じられた。

 華原は夫の過去について全く知らされていなかった。報道を受けて、華原は5月14日、公式YouTubeチャンネルに動画をアップ。「知っていたら結婚しませんでした」「騙されて結婚しちゃった」と吐露しつつも、ひとまずは再構築の道を選んだようだ。弁護士も交えて話し合ったとして、「最後です。信じてあげようと思います」と神妙な面持ちで語った。

 一方の大野氏は、所属事務所の公式Instagramアカウントに謝罪文を掲出。報道内容を認めた上で、〈今後は元パートナーに対して誠実に対応して行きたいと思っています。もちろん妻に対しても、今まで以上に大切にして行きたいと思っています〉と宣言した。〈妻とも協議を致しまして、華原朋美は伝元のもとで一からお仕事をして行くということになりました〉と華原が同事務所に在籍し続けることが伝えられた。

 華原と大野氏の間には、ファン対応をめぐるイザコザがあったばかりだ。

「4月下旬、華原さんが〈(ファンが)私にプレゼントを渡したいと思い主人に声を掛けたら、手を使ってシッシッてあっちいけみたいな行動をこの一年半の間とっていたことが分かりました〉とツイートし、大野さんのファン対応の悪さに怒りを示しました。その後、大野さんが謝罪文を出す事態となりました」(芸能記者)

 こういった騒動の中、華原が大野氏に関するブログ記事をどんどん削除していることも話題になっている。

「夫婦で出かけたことや、妊活について綴った記事が複数削除されています。大野さんに関する報道に言及したYouTube動画もすでに削除されています。華原さんにとって、やはり一番大切なのは息子さん。息子さんもトラブルの事情を知って、もう大野さんをパパとは呼ばなくなったそうです。華原さん自身も大野さんの嘘には失望したようですし、いつ“やっぱり離婚”となっても驚きません」(前出・芸能記者)

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン