芸能

TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇

はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)

ワイドショーでは連日、特集。はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)

 ワイドショーなどで連日伝えられている4630万円の誤送金事件。18日には田口翔容疑者が逮捕された。各局こぞって長尺で報じており、とりわけ力を入れて伝えていた『ゴゴスマ~GOGO!Smile~』(CBC・TBS系)は視聴率が上昇。なぜこれほど視聴者の注目を集めるのか? コラムニストで放送作家の山田美保子さんが分析する。

 * * *
 山口県阿武町がコロナ関連の給付金4630万円を誤って一人の男に振り込んだ問題は、ここ数日、約2時間ぶち抜きで報じた『ゴゴスマ~GOGO!Smile~』を筆頭に、連日ワイドショーが長尺で報じていた。どうやらこのニュース、数字をもっていたらしい。

 その視聴率が話題になったのは、12日放送の『ゴゴスマ~』が、関東地区の世帯平均視聴率(速報値)で5.6%を記録。同時間帯でトップになったことが翌13日、ビデオリサーチの調べでわかり、スポーツ紙のWEB版などに取り上げられたのだ。

 御存知のとおり、真裏には『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ・日本テレビ系)があり、これまでにも『ゴゴスマ~』は何度か視聴率で『~ミヤネ屋』を抜いたことがネットニュースになった。が、その後はまた『~ミヤネ屋』の優勢が続いたのに、今回は、『ゴゴスマ~』=JNNが取材力でもNNNをリード。阿武町役場から中継を入れたり、町長の会見をすぐに流したりと番組中に「速報」を連発している。18日には、「口座残高 6万8000円 男性(24)の出納記録」なるサイドスーパーと共に、通帳をエクセルで打ち直したと思われる口座の記録をフリップにして出していた。

「なぜ返さないのか」石井アナのコメントに共感も

 コメンテーターらがその入手先や「こんな個人情報を出していいのか」と訝るなか、MCの石井亮次アナは、フロアディレクターに確認をとりながら、進行していくのだ。石井アナは、多少ぐいぐい進行しても視聴者の反感を買わない得なキャラクターであるうえ、フリーアナではあるものの独立してから2年。出身局の番組をそのまま続けているせいもあるのか、庶民というスタンスがとれる。「これ、税金ですよ」「なぜ返さないのか」といった石井アナのコメントは視聴者にストレートに伝わるのかもしれない。同アナはこのニュースのお陰で、さらに人気を上げたように思う。

「お風呂に入るから1時間くれ」「今日は手続きしない」「後日、公文書を郵送してほしい」から「ネットカジノで使ってしまった」まで、当該の男の言動を繰り返し伝える石井アナと、その説明にいちいち新鮮に驚くレギュラーコメンテーターたち。弁護士や元・代議士もいるが、松本明子、岡田圭右、大久保佳代子、鈴木紗理奈、千原ジュニア、ユージら、専門家というよりは視聴者に近い目線や感覚をもつコメンテーターが多いのも、このネタに限っては視聴者が『ゴゴスマ~』にチャンネルを合わせた理由だろう。

 ちなみに前述の出納記録は、当該の男の弁護士により提出されたもの。同時間帯、『~ミヤネ屋』には、阿武町議会議員やメガバンクの元支店長ら、コメンテーター以外の専門家をリモートで繋いでいたのだが、出納記録が画面に出てきたのは『ゴゴスマ~』よりもだいぶ遅く、しかも、慌ててコピーしてフリップに貼り付けたようなモノだった。やはり、このネタに限っては『ゴゴスマ~』に軍配が上がりっぱなしのようである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン