芸能

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた

2人の“母親”の間で揺れるえなり…

仕事が激減しているえなり

 久しくその姿を見なくなった37才の芸歴30年以上のベテラン俳優と聞いて、誰を思い浮かべるだろうか。いわゆる“橋田寿賀子ファミリー”で、長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の子役として有名だった、えなりかずきのことである。

 あるテレビ局関係者は「ドラマでは、もう10年近く単発の出演以外では見かけていませんね。昨年は、コロナ禍でブレークしたウーバーイーツのCMで、ゆりやんレトリィバァさん(31才)と共演して懐かしがられていましたが、その後は再びぱったりと出なくなりました。声優として声の出演があった『コレナンデ商会』(NHK Eテレ)もこの3月で終わりましたし、ここまでメディア露出が減るとは……」と心配の声をあげる。

 たしかに、ここ10年間で連続ドラマのレギュラー出演は、5年前のテレビ朝日系深夜ドラマで、元AKB48渡辺麻友が主演した『サヨナラ、えなりくん』で、悪役を演じたぐらい。ここ数年は、芝居の仕事が激減している。

 あるスポーツ紙記者は「テレビドラマの単発出演でさすがの演技力を見せていましたし、ネームバリューはあるだけに、ドラマのレギュラー仕事がなくても、小さな映画や舞台の仕事が入ってもおかしくない。ですが、えなりさんは、そのどちらにも全く出演されていません。地方のイベント営業に出演しているという話も聞きません」と首を傾げる。

 えなりが、芸能界で存在感を失っていった理由は、『渡鬼』シリーズで母親役を演じていた女優の泉ピン子(74才)との不仲騒動がきっかけだと、ささやかれ続けている。昨年4月に亡くなった2人の恩人ともいえる脚本家・橋田寿賀子さん(享年95)が、生前に2人の不仲を明らかにしていたのだ。

 橋田さんは、2019年の週刊文春のインタビューで、2011年の『渡鬼』の連続ドラマ終了後から《一緒に出ると、えなり君がおかしくなるんですって、発疹が出たり》と、えなりがピン子に対して“共演NG”を出していたことを明かした。ピン子には、いじめた思いもなく、子役時代からかわいがっていたつもりだったという。しかし、えなりのマネジメントをする母と親子ともどもで、ピン子を避けたとのことだった。

『渡鬼』は放送終了後はスペシャル番組として年に1回のペースで続いていた。しかし2015年の回を最後に、2人が同じ場面に出ることはなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン