橋田寿賀子一覧

【橋田寿賀子】に関するニュースを集めたページです。

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
 久しくその姿を見なくなった37才の芸歴30年以上のベテラン俳優と聞いて、誰を思い浮かべるだろうか。いわゆる“橋田寿賀子ファミリー”で、長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の子役として有名だった、えなりかずきのことである。 あるテレビ局関係者は「ドラマでは、もう10年近く単発の出演以外では見かけていませんね。昨年は、コロナ禍でブレークしたウーバーイーツのCMで、ゆりやんレトリィバァさん(31才)と共演して懐かしがられていましたが、その後は再びぱったりと出なくなりました。声優として声の出演があった『コレナンデ商会』(NHK Eテレ)もこの3月で終わりましたし、ここまでメディア露出が減るとは……」と心配の声をあげる。 たしかに、ここ10年間で連続ドラマのレギュラー出演は、5年前のテレビ朝日系深夜ドラマで、元AKB48渡辺麻友が主演した『サヨナラ、えなりくん』で、悪役を演じたぐらい。ここ数年は、芝居の仕事が激減している。 あるスポーツ紙記者は「テレビドラマの単発出演でさすがの演技力を見せていましたし、ネームバリューはあるだけに、ドラマのレギュラー仕事がなくても、小さな映画や舞台の仕事が入ってもおかしくない。ですが、えなりさんは、そのどちらにも全く出演されていません。地方のイベント営業に出演しているという話も聞きません」と首を傾げる。 えなりが、芸能界で存在感を失っていった理由は、『渡鬼』シリーズで母親役を演じていた女優の泉ピン子(74才)との不仲騒動がきっかけだと、ささやかれ続けている。昨年4月に亡くなった2人の恩人ともいえる脚本家・橋田寿賀子さん(享年95)が、生前に2人の不仲を明らかにしていたのだ。 橋田さんは、2019年の週刊文春のインタビューで、2011年の『渡鬼』の連続ドラマ終了後から《一緒に出ると、えなり君がおかしくなるんですって、発疹が出たり》と、えなりがピン子に対して“共演NG”を出していたことを明かした。ピン子には、いじめた思いもなく、子役時代からかわいがっていたつもりだったという。しかし、えなりのマネジメントをする母と親子ともどもで、ピン子を避けたとのことだった。『渡鬼』は放送終了後はスペシャル番組として年に1回のペースで続いていた。しかし2015年の回を最後に、2人が同じ場面に出ることはなかった。 前出のテレビ局関係者は「昨年秋に、ピン子さんが旧友の和田アキ子さん(72才)のラジオ番組に生出演した際、『誰のおかげで、あのガキも本当に』とえなりさんを指してブチ切れた思いを吐き出されたことで、不仲は決定的になりました。橋田さんも、晩年に最後の力を振り絞って脚本を書くときに、石井ふく子プロデューサー(95才)に2人の共演シーンの削除を言いつけられていたそう。こういった一連の騒動がえなりさんの“俳優業ゼロ”とも言える現在につながっているのかもしれません」と話した。 現在のえなりはどういう状況なのか。えなりは、父が社長を務めて、母がマネジャー、弟で俳優の江成正元(33才)と2人で、家族経営の個人事務所に所属する。その事務所に電話で問い合わせたところ、女性が対応した。――えなりさんが最近ドラマなどに出られていませんが、何か事情が?「いいえ、まったくないです」――ファンの方も心配しているようですが。「本当に何もないです! まったくない!」――一部では泉ピン子さんとの共演NGが……「(質問を遮るように)ないです! 今後一切ここに連絡してこないでくださいね! 何も言うことはございませんし!」 そういって電話は切られた。「えなりさんのお父様が実業家で、えなりさんも幼少時からゴルフを趣味とするほどの裕福な家庭です。都内に豪邸が建っていますし、関東近郊に大きな別荘もお持ちだそうです。えなりさんは、まだ40才前ですが、芸歴30年以上という長きにわたって芸能界の第一線で稼ぎ続けてきた。貯蓄はたんまりあるはず。わざわざピン子さんにおびえて仕事をする必要もない、というのが本音かもしれません」(前出・スポーツ紙記者) 唯一の“生存確認”ができる公式ブログも、今年は昨年のスポンサーだったウーバーイーツのネタを4回アップしただけで、ここ2か月は更新もなし。この状態は、充電期間なのか、それともこのままフェードアウトしていくのか。最後は、えなり本人次第。 演技はもちろん、歌唱力があり、ゴルフもできる。何よりキャラクターが立っている。えなりの再浮上をファンは待っている。
2022.05.21 16:00
NEWSポストセブン
新型コロナ拡大を受け地上波テレビ視聴率に異変(イメージ)
渡鬼・石井ふく子氏「コロナ後の家族を描くドラマ作りたい」
 緊急事態宣言が解かれても、「急に出歩いていいのだろうか」「もし周りに迷惑をかけてしまったら」と不安は尽きない。そんな中、著名な “アクティブシニア”たちは、コロナ後の世界をどう過ごすのか。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)などで知られるドラマプロデューサーの石井ふく子氏(93)が語る。 * * * 今は本当に不自由ですね。コロナに罹ってしまったら人に迷惑をかけてしまうので、まったく表に出られない。体が鈍らないように、ゴミを屑籠に入れないで、マンションのゴミ捨て場まで持っていったりしています。 あまり座りっぱなしにならないように、久しぶりに自分でご飯の支度をして、事務所の女の子と一緒に食べて。お汁はかつおぶしで出汁からとって、お醤油とお塩、お酒を少し入れるとか、細かいところまでこだわっています。具もかまぼこを入れたり、卵を落としたりと毎日変えながら工夫しています。 後はずっとおつき合いのあった美空ひばりさんが亡くなる前に、私に下さった『川の流れのように』の歌のテープを聞いたりして、時間を過ごしています。 奈良岡朋子さん(90)と若尾文子さん(86)も、同じマンションにお住まいなんですよ。これまでは正月に私の家に集まってお屠蘇で新年のお祝いをしたり、残り物があればお裾分けしていました。今は集まることはできないけれど、食べ物を届けたりはしています。 奈良岡さんはおひとり暮らしだから、「パンを食べたい」といえば彼女の部屋に届けて「今、表のドアノブへかけておきましたから」と電話したり。若尾さんにも電話で「何か食べたいものはない?」と聞いて、お魚を煮て届けたり。 コロナでこういう状況になってから、やっぱり人と人とが向き合うことが大事だなと、改めて感じますね。ドラマも、人と人が向かい合うからいいものができる。 緊急事態宣言が解除になったら? もちろんドラマを作りたいです! 今は再放送や歌番組、クイズ番組が多いですけど、みなさんが落ち着いて観られるドラマを作りたい。 橋田寿賀子先生(95)には毎日お電話して、「こういうことがやりたい」と先のことをお話ししています。 今は、どこのご家庭も普段外で働いていたご主人がお家にいるようになって、これまで家で食事しなかったのに、ずっと一緒にいる。奥さんはそれが嬉しいのか、反対に「おかずを作るのが大変だわ」と思うのか……。 家族の新しい問題がいろいろ出てきますよね。そういうことをドラマで描けたらと毎日考えています。 私、殺人や不倫などのドラマは絶対にやりたくなくて。家族のなんでもない話を、どう皆さんに楽しんで観ていただくか。そういったちゃんとしたホームドラマを作りたい。今、つくづくそう思っています。※週刊ポスト2020年6月5日号
2020.05.31 07:00
週刊ポスト
YouTuber江頭2:50を応援して伝説を目撃(イラスト/ヨシムラヒロム)
YouTuber江頭2:50 ネットで「生ける伝説」となった理由
 放送禁止芸人のような位置づけだった大川興業所属の江頭2:50が、YouTubeで視聴者に大歓迎されている。初回では、江頭らしく「お尻習字」を披露したにも関わらず、評価の99%が「いいね」だった。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、日本人の個人としては最速でチャンネル登録者数100万人超えを達成した江頭 2:50はなぜYouTubeで超好感度高い芸人となっているのかについて考えた。 * * * 江頭 2:50のYouTubeチャンネル『エガちゃんねる』が好評である。設立から9日目にして、早くも登録100万人に到達。江頭 2:50は日本最速で”一流YouTuber”の仲間入りを果たした。動画の評価も高く、芸歴30年を超える江頭2:50は今旬を迎えている。 なにより、YouTubeデビューが「持ってる!」と言いたくなる絶妙のタイミングだった。チャンネル開設の2月1日は、謹慎から復帰した雨上がり決死隊の宮迫博之がYouTubeデビューした1月29日の衝撃がまだ続いていた。このような状況になれば、視聴者は2人の芸人の動画をいやでも見比べてしまう。そして、江頭と宮迫の笑いに対する向き合い方の違いに気づく。 宮迫の動画はアンチに苦言を呈することが多い。切羽詰まった状況ゆえ、一般視聴者にマウントをとるような言動を繰り返す。対して、江頭は「全くネットは観ない!」と語る。スタッフから動画の反響を知らされても「すごいねぇ」と笑うだけ。あまり視聴者の目を気にしていない。「99人に嫌われても1人が笑ったら勝ち」、これが江頭の変わらぬスタンスである。テレビに出始めた頃、そしてYouTubeでブレイクした今もブレていない。 YouTuber宮迫と時を同じくして登場して比較された結果、江頭は多くの賞賛を集めた。しかし、本来は一般的に賛よりも否を集めてきた芸人である。テレビにおける使われ方の定番は、スタジオに現れるなり暴走し、客席にダイブ。お昼の生放送『笑っていいとも!』にゲスト出演した際、レギュラーの橋田寿賀子に突然キスをしたこともある。当然、女性人気は低く「気持ち悪い」といった低評価を受けていた。 だが一方で、ネットでの江頭は昔から高評価である。江頭2:50の伝説をまとめた有名なテンプレートがあり、それが口伝えのように広まっていった。テレビで見たことはないが、その伝説だけは知っている人も多い。元来、ネットとの相性は良い芸人であった。 それを受けてだろう、『エガちゃんねる』の3本目の動画はネット上で噂されている江頭2:50の名言を検証する企画だった。疑わしい数々の名言を聞いた江頭は「ネットの世界ってギャップを楽しんでいると思うんだよね」と分析。破天荒な芸風の江頭 2:50に美しい名言を言わせることにおかしみがある、と話す。 確かに近年、ネガティブなキャラクター性で売れていたタレントがポジティブキャラに転向することは多い。筆頭が出川哲朗で、女性週刊誌の名物企画「抱かれたい男ランキング」とあわせて実施される「抱かれたくない男」のタイトルホルダーとして人気を集めてきた。「抱かれたくない男」としての人気は今でも不動のようだが、昔と比べた際、好感度は段違い。テレビから垣間見える出川の気づかいに視聴者が反応する時代となった。タレントの「神対応」がしょっちゅうネットニュースになっている。今のタレントは芸と共に人間性も問われている。 人間性といった部分において、江頭ほど厚みのある芸人は多くない。それを証明するかの如く、『エガちゃんねる』のメッセージ性は強い。1本目の動画の冒頭、彼はカメラに向かってこう叫んだ。「死にたくなったらコレを見ろ!コレを見たら死ぬのがバカバカしくなるから!」 江頭は視聴者に苦しいことがあっても「生きろ!」と伝える。普通の人が言えば、鼻で笑われるセリフだ。しかし、かつての人気番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)で「笑いのためなら死ねる数少ないサムライ芸人」と呼ばれた江頭2:50が言うなら、信用できる。バラエティ番組の「水中息止め企画」で4分13秒間潜り、失神したこともある彼の言葉は重く深い。 また、多くのタレントを悩ませるアンチが少ないことも江頭の強み。アンチの多くは嫉妬といった感情から生まれる。非難する対象にどこか羨ましさを持つ人がアンチとなる。僕もテレビで楽しそうにしているタレントやYouTuberを観て無責任に「楽に稼いでいいなぁ……」と思うことがある。楽勝にやっているように見せることも芸のうち、と気づかない。能力以上の評価を受けている、と勘違いしてしまう。そして妬み、嫉む感情がわいてきて、昔ならテレビの前で、今ならネットで好き放題な言葉を投げつける。 だが今、江頭に嫉妬する人はいない。なぜなら、彼は「自分にもできそう」と思わせるようなことを決してしないからだ。1本目の動画では尻に筆を突き刺し、震えながらチャンネル名を書道した。2本目の動画ではペットボトルロケットを股間で止めた。バレンタインデーに更新された動画では、コーヒーチェーンの英語綴りを正確に書くクイズにチャレンジ、ことごとく失敗し、罰ゲームとして口にくわえたシュノーケルから正解できなかったチェーンのコーヒーを注がれ熱さに吹き出していた。 これらを観て、誰が「楽そうだなぁ」と勘違いできるだろうか……。視聴者は挑み続ける芸人・江頭2:50を尊敬する。そして「いつまでも活躍してほしいし、活動費もカンパしたい」と願い、チャンネル登録ボタンをクリックする。動画のコメントにはたびたび「いつもなら広告スキップするけど、エガちゃんねるの広告は最後まで見る」というサポーター宣言が書き込まれる。 YouTubeにおけるチャンネル登録とは、無料ファンクラブへの入会みたいなもの。匿名かつ気軽にできる点が魅力だ。周囲に「自分がエガちゃんのファン活動をしている」と知られる心配もない。そして、SNSやコメントでサポートすることに喜びを感じられる。『エガちゃんねる』が爆発的人気を得られた理由の一つとして、周囲の目を気にせず本心をうちあけられるSNSという媒体が関係している。 今、視聴者は芸人・江頭2:50の代名詞である「レギュラーよりも一回の伝説」をリアルタイムで体験している。ネットで広まっている江頭の伝説は、今の言葉で置き換えると”バズる”といったところか。生で伝説の目撃者となる恍惚は、テレビよりも距離が近いYouTubeでより顕著になった。そして、視聴者も伝説を共に作っている。 チャンネル登録数100万人達成までのスピードが女優でモデルの本田翼の記録を超えた。『「ぷっ」すま』で長年共演していた草なぎ剛のYouTubeチャンネルと同日にチャンネル登録数100万人達成した。これらは視聴者が参加したことで誕生した新たな江頭伝説である。そして過激な動画ゆえに広告審査に落ちる、これも同様に伝説だ。 ただし、江頭2:50は高評価のまま終われない天邪鬼な芸人。いつか、自らの手で視聴者を裏切るようなことをしでかすだろう。トルコで過激なパフォーマンスを披露したことにより強制送還され、国際問題になりかけたこともある。日本でもイベント中、アクシデントではあったが全裸になり書類送検された経験を持つ。 伝説とやらかしを振り子のように行き来する江頭2:50! 今後も予想できない動画を作っていくことだろう。●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで月一回開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)
2020.02.15 16:00
NEWSポストセブン
タモリの「友達なんかいらない」に橋田寿賀子が共感する理由
タモリの「友達なんかいらない」に橋田寿賀子が共感する理由
「私には友達がいない」――そう話すのは、作家の橋田壽賀子さん(91才)。本誌・女性セブンでもお伝えしてきたが、夫と死に別れ、子供も親戚もいない橋田さんは安楽死を熱望している。多くの同級生はすでに鬼籍に入り、今や心を残したり、残されたりする友達もいないから、認知症になったら安楽死で逝きたいというのだ。「だからタモリさん(71才)がおっしゃることはよくわかるんです。もう友達はいりません」 橋田さんが賛同を示したのは、タモリの『SMAP×SMAP』(フジテレビ系。12月19日放送)での発言だ。「友達なんかいらないって。(だから)どんどん友達減らしていってるの。切ってくの」 メンバーを前にそう淡々と話したタモリに、「救われた」「本当にわかる。友達は少なくていい」と、共感の声が広がっている。「“友達を切る”って言葉には、ぼくなんかはドキッとしてしまうんです」 そう話すのは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司さん。前野さんは脳・ロボット学者として、認知科学や心理学を活用して人間の幸福のメカニズムを研究している。それによれば、友達の数が多い人ほど幸せということがわかっているという。「ここでいう友達は、“多様である”ことが条件。職業、年齢、性格、国籍…自分とは違う種類の友達を持っている人の方が、そうでない人よりも幸せということがわかりました。いつも同じ人とつるんで過干渉になっていくよりも、たまに会うくらいの友達がたくさんいた方がいいということですね」 女性セブンが行った男女300人緊急アンケートで、不要な友達との関係を切るかどうかについて尋ねたところ、賛成はわずか17%だった。 50才の主婦・田辺慶子さん(仮名)も、ため息交じりに「切りたくても切れない」と言う。「高校の同級生A子とは、姉妹って呼ばれるほど仲がよくて、結婚後も家族ぐるみでつきあっていたんです。それが子供の大学受験を機に変わってしまいました。わが家の長女は奇跡的に現役で第一志望の大学に合格したけど、A子の三男は優秀だったのに不合格で…。そこからですね。みんなで集まった時とか、まるで私が存在してないみたいに、聞こえないふり、見ないふりをされるようになって。でも、子供も夫も相変わらず仲がいいから、関係を絶ちたくてもそうできないんです…」 1年生になったら友達100人できるかな、と幼い頃に歌ったあの曲のように、友達は多い方がいいに決まっている--誰もが、そう思って生きて来たはずだ。友達がいないと孤独だし、そもそも友達が少ない人はどこか人間として欠陥があるかのように思われるのではないか、そんな思いにとらわれてきた人もいるかもしれない。 超高齢社会のなかで、他者とのつながりが認知症予防にもなるとの研究もあり、そうした考えは一層強固なものになっている。そんななか、なぜタモリの言葉に賛同の声が相次ぐのか。橋田さんは、タモリの言葉に共感する理由をこう明かす。「しんどいですもん。心にもないことを言わなきゃならない友達ばっかりで、ほんとの友達がいないから。みんなお義理です。これで仕事をしなくなったら誰も私のところなんか来ませんよ。裏切られるのがわかってるから、最初から深くつきあわないの」 でも、ちょっと待ってほしい。橋田さんといえば、固い絆で結ばれた泉ピン子(69才)がいるはず。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)をはじめ、橋田ドラマには必ず顔を出すばかりか、プライベートでも橋田さんと同じ熱海に居を移し、世界一周の船旅に同行するほどの間柄だ。 橋田さんが89才の時に「ママはもう90なんだから」と終活をすすめたのも彼女だし、佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』をプレゼントしたのもピン子。そんな彼女でさえ友達ではない、というのだろうか。「ピン子は全くもって仕事上のおつきあいです。もしものときも、見送ってもらうつもりなんか全然ありません」 橋田さんはそうばっさり切り捨てた。しかし少しだけ寂しい表情を浮かべながら、こうも続けた。「不幸だといえば不幸かもしれませんねぇ。“あんなにいっぱい、いい友達が周りにいるのに、誰も信用してないなんて、なんて不幸で嫌な人間なんだ”と言われても仕方ありません。でも、本当にありがたいとは思いますけど、他人には全く期待はしてないんです」※女性セブン2017年2月2日号
2017.01.22 07:00
女性セブン
連続ドラマ 10分、11分など「拡大」して放送する狙いとは?
連続ドラマ 10分、11分など「拡大」して放送する狙いとは?
 4月クールの連続ドラマもそれぞれ中盤に差しかかった。後半も目が離せないが、最近目立つのが、「15分拡大」「10分拡大」など通常よりも少し時間を拡大して放送するドラマの多さだ。 今クールではほとんどの民放ドラマが、初回を拡大して放送した。例えば、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)が10分拡大、『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)、『アリスの棘』(TBS系)が15分拡大、嵐・二宮和也主演の『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)が20分拡大、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)が25分拡大。30分、1時間といったキリのいい時間ではなく、少しだけ拡大するのが最近の傾向だが、その狙いとは?「わかりやすく言えば裏番組対策です。通常枠で放送されている裏番組を見終えた視聴者を取り込むためです。だからと言って1時間延長して2時間スペシャルまでにしてしまうとタレントの拘束時間も長くなり、ギャラもその分高くなります。しかも初回を2時間でスタートさせて数字が低いのは避けたいですし」(テレビ関係者) 今期、初回を2時間スペシャルで始めたドラマの中では、ホンジャマカの石塚英彦が刑事役に挑んだ『刑事110キロ』(テレビ朝日系)が初回視聴率9.7%、橋田寿賀子さん脚本の『なるようになるさ。』(TBS系)が9.4%と、いずれも1ケタ台からのスタート。それ以降、どちらのドラマも2ケタに届いていない。 一方、10分拡大や15分など少しだけ拡大してスタートしたドラマでは、視聴率はさまざま。14.0%と好スタートを切った『続・最後から二番目の恋』のようなケースがある一方で、初回15分拡大で放送した沢村一樹主演の『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系)が8.3%と低迷するなど、必ずしも数字が高くなるわけではない。内容次第ということか。 さて、こういった時間の拡大は初回に限らず、途中の回でも頻繁に見かけるようになった。『ルーズヴェルト・ゲーム』は、3話目を10分拡大している。「途中の回で拡大する理由はさまざま。初回の放送時、撮影自体は少なくとも5話目までは進んでいることが多い。ですので、途中の回での拡大は、高視聴率が見込めるため後になって時間を増やした、という背景も。また、最近のドラマは放送話数が9~10話程度と少なくなっているので、描きたい内容がその話数ではおさまらないため各話を少しずつ拡大しているということもあります」(放送作家) そんな中、珍しい作品も。『TEAM〜警視庁特別犯罪捜査本部』(テレビ朝日系)の第5話はなぜか11分拡大という中途半端なものだった。「だがそのおかげか、前回9.6%より1%高い10.6%を記録しました。わずか1%の差ですが、制作スタッフも喜んでいるでしょう」(同) 今後は、キリの良くない拡大をする連ドラがもっと増えるかも!?
2014.05.24 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン