芸能

竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由

バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)

バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)

『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系、5月22日放送)に出演した竹内由恵アナ(36)が話題だ。同番組内で行なわれた漢字テストで、竹内アナは「クラゲ」を漢字で書く問題で「苦楽気」と回答し、スタジオは爆笑の渦に。また、同番組内ではセーラー服を着用していたが、その姿にSNS上では〈可愛すぎる〉などのコメントで溢れかえった。

 2020年にフリーアナになる以前は、テレビ朝日で『スーパーJチャンネル』や『報道ステーション』などの報道番組に関わってきた竹内アナが、最近はバラエティ番組での露出を増やしている。

 4月27日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)では、結婚後の生活を赤裸々に語り、5月2日に放送された『有吉ゼミ』(日テレ系)の2時間スペシャルに出演した際には、「激辛料理」完食に挑む企画にロケ出演。バラエティ番組に体当たりで出演し続けている。古巣のテレビ朝日局員が語る。

「2015年に『スーパーJチャンネル』のキャスターになって以降は報道畑を歩んだので、硬いイメージを持たれがちですが、素顔は気さくなキャラです。『ミュージックステーション』でタモリさんと絶妙な掛け合いをしてきた人ですから。フリー転身してからは、素の自分を出しているんでしょう。実際、3月に『突然ですが占ってもいいですか?』(フジ系)に出演した時には『バラエティ番組が楽しい』『週1回でレギュラーがほしい』と言っていましたからね」

 各局に引っ張りだこの竹内だが、不思議な点がひとつある。なぜか古巣のテレ朝の番組にほとんど出演していないのだ。これについて、局側と竹内アナ双方に“複雑な感情”があるのでは、と話すのは別のテレ朝関係者だ。

「2019年3月に小川彩佳アナ(37)と宇賀なつみアナ(35)の2人が退社したことで、次期エースアナとして局側の期待を一身に背負ったのが竹内アナでした。しかし、そんな竹内アナも9月いっぱいでの退社を発表。上層部のなかには東京五輪中継のメインに竹内アナを据える考えもあったようで、期待を裏切られた部分があった。結婚やそれに伴う転居という理由もあり、退社はやむなしの部分もありましたが、竹内アナとしてもこのタイミングで辞めることには後ろめたさもあったはず。そうした経緯もあり、双方がまだ“様子見”の状態になっているのかもしれません」

 古巣でぶっちゃけキャラを披露する日は来るか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン