芸能

富樫慧士、憧れの木村拓哉との初共演 緊張で何回も撮り直し「事件」となる

注目の若手俳優に密着

注目の若手俳優・富樫慧士に密着

 放送中のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)に出演している俳優・富樫慧士(20才)。2020年に『仮面ライダーセイバー』で俳優デビューし、今作で3度目の連続ドラマレギュラー出演になる。今回は、ドラマの撮影現場に密着。いま若手俳優のなかでも注目を集める富樫の素顔とは──。

「槙くん、横で写真を撮ってくれているから、カメラの方を向いて笑おうか」

 やさしく木村拓哉に促されてにっこり振り向いたのは、俳優の富樫慧士。放送中のドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日系)で、主人公の松葉台高校ボクシング部コーチ・桐沢祥吾(木村)が受け持つ政治経済を選択する生徒・槙浩介を演じている。この日は第8話の授業シーンの撮影で、休憩中に『女性セブン』の密着に気づいた木村が気遣って声をかけてくれた。

「木村さんは背中にも目が付いているんじゃないかと思うほど、いつも隅々まで現場に目配りされているんです。生徒も一人ひとりをよく見て、声をかけてくださいます」

 本番では授業中に熱心に手を動かす槙のノートを見て、「槙、やきとりの絵をもうちょっと頑張ろうか」と木村のアドリブも飛び出した。

「ねぎま串なのにつくねみたいな、ひどい絵だったので(笑い)。槙は最初、桐沢さんに対して反発心を抱えた生徒でしたが、徐々に桐沢さんを受け入れるようになりました。なので“今後は槙も板書を写すだろう”と演技プランを考えてきたんです。まさか、お芝居でその変化に触れられるなんて思わなかったので、すごくビックリしました!」

 富樫にとって今回のドラマは驚きの連続なのだという。2017年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリを受賞し、2020年に『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)の仮面ライダー剣斬/緋道蓮役で俳優デビューした富樫にとって、木村は「いつかお会いしたい」と憧れていた大先輩。地上波ドラマ2作目にしてその“夢”が叶い、最初は現実に気持ちが追いつかなかったと明かす。

「まさかの展開にうれしさが止まらない半面、憧れのかたとお会いできるのはいまの段階ではまだまだ早いんじゃないかと、クランクインまで怖かったです。しかもガチガチに緊張して現場へ入ったら、槙の席が教壇の真ん前だったんですよ。“うおぉ〜、こんなに教壇と近いのか!”って驚いて……。初対面のシーンは簡単なせりふでも声が全然出せなくて、5回か6回撮り直しになってしまいました。強烈な経験で自分の中で『事件』と呼んでいます(苦笑い)」

 その場は緊張と焦りで頭が真っ白になったというが、木村の助言で思い切り声を張ることで、せりふも出てくるようになったと振り返る。冷静なイメージの槙からは意外な舞台裏だが、槙のキャラクターには自身の経験も反映させているのだとか。

「クラスのみんなの前に立つ存在として、小・中学校時代に学級委員長をしていたことが生かされていると思います。まじめな槙はきっとテキパキ行動するタイプだと考えて、桐沢さんが黒板に書いたらすぐノートに書き写すなど、いつも機敏に動くように意識しています。ぼく自身は槙よりもラフな性格でおしゃべりが大好きな子でした。槙みたいに先生に意見することはなかったですが、生徒同士のコミュニケーションを取り持つのは楽しくて好きでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン