スポーツ

遊撃の定位置剥奪の中日・京田陽太 他球団編成が「トレード獲得は厳しい」と指摘する理由

京田陽太への評価は…(時事通信フォト)

京田陽太への評価は…(時事通信フォト)

 正遊撃手を剥奪され、ファームに降格した中日・京田陽太。2軍に落ちた後に下半身の張りを訴えて5月上旬からは別メニュー調整となり、実戦復帰を目指しているが、今後の道筋については様々な声が飛び交っている。

 立浪和義監督のカミナリが落ちたのは5月4日のDeNA戦だった。0-0の4回に京田が先頭打者・大和の打球をファンブルして内野安打で出塁を許すと、直後に先制2ランを被弾。5回の打席で途中交代させられると、試合中に2軍降格を命じられて名古屋に強制送還された。スポーツ紙デスクが語る。

「立浪監督が非情かというとそうは言い切れない。京田が打撃不振の時も報道陣の前でかばっていましたから。ただ持ち味の守備で精彩を欠き、自信がなさそうにプレーしている姿に我慢ができなかったのだと思います。遊撃の定位置で長年起用されてきましたが、京田を脅かす存在がいなかったので試合に出られたとも言える。とはいえ、京田は戻ってきてもらわなければ困る選手です。遊撃は高橋周平、三ツ俣大樹が守っていますが、守備力を含めて総合的に考えたら京田がベストです。もう一度はい上がってきてほしいですね」

 1年目から遊撃で試合に出続けていた京田は主力としての地位を築いていた。ただ、首脳陣の期待に応えられているかというと、物足りない部分もある。2017年に2割6分4厘、4本塁打、23盗塁で新人王を獲得したが、この成績がキャリアハイだ。ボール球に手を出す場面が目立ち、出塁率は毎年3割前後と高くない。5年目の昨シーズンは5月下旬に入団以来初のファーム降格を経験するなど2割5分7厘、3本塁打に終わった。105安打、6盗塁はいずれも自己ワーストだった。スポーツ紙記者はこう指摘する。

「アマチュア時代から打撃が課題ではありました。堅実な遊撃の守備に定評がありましたが、近年は脚力が少し落ちたのか守備範囲が狭くなりミスも増えるようになった。考え込むタイプなので打撃の不調を引きずっているように感じます」

 京田も殻を破りたい気持ちは強い。昨年の秋季キャンプから打撃フォームの改造に着手。バットのグリップをベルト付近の低い位置から一気に頭上に上げてバットを振り下ろす形で打っていたが、しっくりこないのか今年の3月以降はフォームがコロコロ変わっていた。今季も1割5分7厘、2本塁打、7打点と調子が上がらない。打席で自信のなさそうな表情を浮かべ、明らかに迷いが見てとれた。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト