ライフ

40~50代の登録者増加のマッチングアプリ 運営サポートも充実、AIで24時間監視も

40代や50代でも利用する人がいるマッチングアプリ(写真/Getty Images)

40代や50代でも利用する人がいるマッチングアプリ(写真/Getty Images)

 コロナ禍での新たな出会いの場として注目を集めているマッチングアプリ。今や若者だけのものではなく、中高年層にも広まっている。

「コロナ禍で“このまま恋もせずに死ぬのは嫌”との思いが強くなり登録。私の年では相手がいないかと思いきや、嘘みたいに『いいね!』が来て、わずか2週間で3才年下の彼ができました」

 とは、埼玉県の会社員Sさん(48才)だ。また、神奈川県の介護職員Mさん(53才)も昨年からマッチングアプリを始めたという。

「この年で“恋愛がしたい”なんて、恥ずかしくて周りには言えません。でも離婚して18年、子供も自立して寂しくて……。マッチングアプリなら婚活がバレないので、こっそり活用しています。50代の再婚希望者が意外と多くて驚いています」

 マッチングアプリと聞くと、若者向けの出会い系サイトのようなもの、と思う人も多いようだが、コロナ禍を機に40~50代の登録率が増えたと、マッチングアプリ恋愛メディア『マッチアップ』編集長・伊藤早紀さんは言う。

「コロナ禍で出会いの機会が減ったこと、そしてすでに若者間で流行していて、知識や情報として根付いていたことから、40代以上のマッチングアプリへの意識は変わりました。Googleの検索ワードに『50代・マッチングアプリ』と入力すると、検索件数が前年比238%と急増。注目度の高さがわかります」(伊藤さん・以下同)

 若者だけでなく中高年層からも注目されるようになり、業界も変化したという。

 マッチングアプリ運営会社は「インターネット異性紹介事業」の届け出を義務付けられ、ユーザーも登録時に公的身分証明書を運営会社に提出するなど、本人確認が徹底された。これにより、以前から不安視されていた、なりすましや経歴詐称が改善。業界が健全化した。

どのアプリを選ぶか“闘い”はそこから

 とはいえ、職場などでの出会いと、マッチングアプリでの出会いは大きく異なる。プロフィールだけを頼りにまったく知らない人とコンタクトを取ることになる。運営会社が監視を強化しても、ネット詐欺などの餌食を探す場に使われたり、ストーキング行為をされることもある。

「基本的には、会った後にトラブルが発生します。ですから、会う前に行うプロフィールの精査、メールのやり取りでの判断が重要になります」

 マッチングアプリは現在30以上あり、各アプリは「40~50代バツイチ向け」「既婚者向け(つまり不倫用)」「会社名が気になる人向け」など、特色を明確化しているため、アプリ選びも重要になる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン