ライフ

40~50代の登録者増加のマッチングアプリ 運営サポートも充実、AIで24時間監視も

40代や50代でも利用する人がいるマッチングアプリ(写真/Getty Images)

40代や50代でも利用する人がいるマッチングアプリ(写真/Getty Images)

 コロナ禍での新たな出会いの場として注目を集めているマッチングアプリ。今や若者だけのものではなく、中高年層にも広まっている。

「コロナ禍で“このまま恋もせずに死ぬのは嫌”との思いが強くなり登録。私の年では相手がいないかと思いきや、嘘みたいに『いいね!』が来て、わずか2週間で3才年下の彼ができました」

 とは、埼玉県の会社員Sさん(48才)だ。また、神奈川県の介護職員Mさん(53才)も昨年からマッチングアプリを始めたという。

「この年で“恋愛がしたい”なんて、恥ずかしくて周りには言えません。でも離婚して18年、子供も自立して寂しくて……。マッチングアプリなら婚活がバレないので、こっそり活用しています。50代の再婚希望者が意外と多くて驚いています」

 マッチングアプリと聞くと、若者向けの出会い系サイトのようなもの、と思う人も多いようだが、コロナ禍を機に40~50代の登録率が増えたと、マッチングアプリ恋愛メディア『マッチアップ』編集長・伊藤早紀さんは言う。

「コロナ禍で出会いの機会が減ったこと、そしてすでに若者間で流行していて、知識や情報として根付いていたことから、40代以上のマッチングアプリへの意識は変わりました。Googleの検索ワードに『50代・マッチングアプリ』と入力すると、検索件数が前年比238%と急増。注目度の高さがわかります」(伊藤さん・以下同)

 若者だけでなく中高年層からも注目されるようになり、業界も変化したという。

 マッチングアプリ運営会社は「インターネット異性紹介事業」の届け出を義務付けられ、ユーザーも登録時に公的身分証明書を運営会社に提出するなど、本人確認が徹底された。これにより、以前から不安視されていた、なりすましや経歴詐称が改善。業界が健全化した。

どのアプリを選ぶか“闘い”はそこから

 とはいえ、職場などでの出会いと、マッチングアプリでの出会いは大きく異なる。プロフィールだけを頼りにまったく知らない人とコンタクトを取ることになる。運営会社が監視を強化しても、ネット詐欺などの餌食を探す場に使われたり、ストーキング行為をされることもある。

「基本的には、会った後にトラブルが発生します。ですから、会う前に行うプロフィールの精査、メールのやり取りでの判断が重要になります」

 マッチングアプリは現在30以上あり、各アプリは「40~50代バツイチ向け」「既婚者向け(つまり不倫用)」「会社名が気になる人向け」など、特色を明確化しているため、アプリ選びも重要になる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン