芸能

山田美保子さんが選ぶ「ベスト・ファーザー賞」さんま、榎並アナ、有村昆など

明石家さんまを選んだ

明石家さんまらを選んだ

 そろそろ「父の日」。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、芸能界の“ベスト・ファーザー”事情について綴ります。

 * * *

「ベストファーザー」と言われると“イクメン”というイメージ

「母の日」に比べると圧倒的に存在感が薄い「父の日」は6月の第3日曜日。今年は6月19日です。「母の日」は、お花やスイーツなど「もらってうれしいモノ」がテレビ番組や雑誌で大々的に紹介されるものなのに、「父の日」のそれは、あんまり見かけません。ネクタイ? コロナ禍で在宅勤務が増えた昨今、ちょっと違うような気がしますよね。お酒? あ、そろそろ父子に扮した俳優さんが一献傾けるウイスキーのCMが見られる時期かもしれません。

 著名人が選出されることでもっとも有名なのは『ベスト・ファーザー イエローリボン賞』でしょう。ここから派生した『ベスト・ファーザー賞in関西』では昨年、清原和博さん(54才)が選ばれたことがおおいに話題になりました。2016年には『112日間のママ』(小学館)の著者であり、元読売テレビの清水健アナウンサー(46才)が選出され、気持ちが温かくなりました。

 一方、歴代の「芸能部門」を見ていくと、ココリコの田中直樹サン(51才)、FUJIWARAの藤本敏史サン(51才)ら“後のバツイチ組”や、ますだおかだの岡田圭右サン(53才)やココリコの遠藤章造サン(50才)のように、“前ファミリー”の顔が浮かんでしまうかたもいらっしゃいます。

『~イエローリボン賞』の方も、“麻耶砲”投下以来、少々イメージが変わってしまった市川海老蔵サン(44才)や、いろいろ大変そうなダイアモンド☆ユカイさん(60才)のお名前がありました。

 いや、「だからベスト・ファーザーではない」とは言いませんが、こうした賞は“速報値”的な要素もありますからね。「歴代受賞者」の一覧表を見てしまうと、どうしてもいろいろツッコミたくなってしまうのです。

「ベスト・ファーザー」といわれると、イコール“イクメン”というイメージも強くなる。ゆえに事務局から選出されたとの声がかかっても「違うんで」と辞退しているようなかたがきっといらっしゃると思います。

 以前、田中圭サン(37才)は出演作品の番宣で、話がイクメンに及びそうになった途端、表情をこわばらせ、奥さまに任せっきりであることをモゴモゴ告白。もう、これ以上、掘り下げてくれるなというお顔をされていました。

 蒸し返すようで恐縮ですが、あの東出昌大サン(34才)がなかなか本業で浮上できないのも(世間が勝手に抱いていただけとはいえ)、実はイクメンではなかったというギャップが、そうさせているのでは? いま思えば、杏サン(36才)が評価していた東出サンのパパぶりは、「尋常じゃない高さの“高い、高い”をしてくれる」だけだったような気がします。

 さて、この文脈で山田EYEモード的ベスト・ファーザー賞を一足先に選びたいと思います。

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン