芸能

山田美保子さんが選ぶ「ベスト・ファーザー賞」さんま、榎並アナ、有村昆など

明石家さんまを選んだ

明石家さんまらを選んだ

 そろそろ「父の日」。放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、芸能界の“ベスト・ファーザー”事情について綴ります。

 * * *

「ベストファーザー」と言われると“イクメン”というイメージ

「母の日」に比べると圧倒的に存在感が薄い「父の日」は6月の第3日曜日。今年は6月19日です。「母の日」は、お花やスイーツなど「もらってうれしいモノ」がテレビ番組や雑誌で大々的に紹介されるものなのに、「父の日」のそれは、あんまり見かけません。ネクタイ? コロナ禍で在宅勤務が増えた昨今、ちょっと違うような気がしますよね。お酒? あ、そろそろ父子に扮した俳優さんが一献傾けるウイスキーのCMが見られる時期かもしれません。

 著名人が選出されることでもっとも有名なのは『ベスト・ファーザー イエローリボン賞』でしょう。ここから派生した『ベスト・ファーザー賞in関西』では昨年、清原和博さん(54才)が選ばれたことがおおいに話題になりました。2016年には『112日間のママ』(小学館)の著者であり、元読売テレビの清水健アナウンサー(46才)が選出され、気持ちが温かくなりました。

 一方、歴代の「芸能部門」を見ていくと、ココリコの田中直樹サン(51才)、FUJIWARAの藤本敏史サン(51才)ら“後のバツイチ組”や、ますだおかだの岡田圭右サン(53才)やココリコの遠藤章造サン(50才)のように、“前ファミリー”の顔が浮かんでしまうかたもいらっしゃいます。

『~イエローリボン賞』の方も、“麻耶砲”投下以来、少々イメージが変わってしまった市川海老蔵サン(44才)や、いろいろ大変そうなダイアモンド☆ユカイさん(60才)のお名前がありました。

 いや、「だからベスト・ファーザーではない」とは言いませんが、こうした賞は“速報値”的な要素もありますからね。「歴代受賞者」の一覧表を見てしまうと、どうしてもいろいろツッコミたくなってしまうのです。

「ベスト・ファーザー」といわれると、イコール“イクメン”というイメージも強くなる。ゆえに事務局から選出されたとの声がかかっても「違うんで」と辞退しているようなかたがきっといらっしゃると思います。

 以前、田中圭サン(37才)は出演作品の番宣で、話がイクメンに及びそうになった途端、表情をこわばらせ、奥さまに任せっきりであることをモゴモゴ告白。もう、これ以上、掘り下げてくれるなというお顔をされていました。

 蒸し返すようで恐縮ですが、あの東出昌大サン(34才)がなかなか本業で浮上できないのも(世間が勝手に抱いていただけとはいえ)、実はイクメンではなかったというギャップが、そうさせているのでは? いま思えば、杏サン(36才)が評価していた東出サンのパパぶりは、「尋常じゃない高さの“高い、高い”をしてくれる」だけだったような気がします。

 さて、この文脈で山田EYEモード的ベスト・ファーザー賞を一足先に選びたいと思います。

関連記事

トピックス

東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
ゴールラインを割りそうなボールに走り込む三笘薫(右手前)。ゴール後のビデオ判定は「三笘の1ミリ」と呼ばれる(時事通信フォト)
「三笘の1ミリ」「マラドーナの神の手ゴール」は“ビデオ判定の有無”が生んだ? それでもサッカー審判が「機械だけには任せられない」理由
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
カンボジアから移送され、羽田空港に到着した特殊詐欺事件の容疑者らを乗せたバス。2023年4月11日(時事通信フォト)
詐欺容疑の邦人逮捕が相次ぐカンボジア 特殊詐欺グループが拠点を置く事情
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
問題となった「ほぼ裸」ポスターを貼る、モデルの桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン