芸能

マイファスHiroと“世界で最も美しい顔100人”林ゆめが六本木デート

六本木近辺を歩く林ゆめとhiro(2022年5月下旬撮影)

六本木近辺を歩く林ゆめとHiro(2022年5月下旬撮影)

 人気ロックバンド・MY FIRST STORY(マイ・ファースト・ストーリー)のボーカルを務めるHiro(28)が、“ガーシー”こと暴露系YouTuberの東谷義和氏に女性問題を暴露された。これを受けて6月7日に行われた東谷氏のライブ配信に出演したHiroは、過去に交際していた女性との妊娠中絶をめぐるトラブルを認め、「傷つけて申し訳なかった」と謝罪の言葉を繰り返した。そんな渦中にあるHiroと、グラビアアイドル・林ゆめ(26)の仲睦まじげな様子をキャッチした。

 Hiro に女性問題が持ち上がる前の5月28日夜、カジュアルな服装で六本木を歩く男女二人組がいた。その正体は、Hiroと林。人通りが少なくなると密着して歩き、手を繋いでいるように見える場面もあったが、西麻布の交差点に着くと、ふたりで同じタクシーに乗り込み、そのまま夜の街へと消えていった。

 気鋭のミュージシャンであるHiroは、森進一(74)と森昌子(63)の元夫婦の三男であることでも有名。長兄は国内外で活躍するロックバンド・ONE OK ROCKの Taka(34)で、芸能界でも有数の音楽一家の生まれだ。

「MY FIRST STORYは2011年結成。テレビアニメ『信長協奏曲』の主題歌に起用された『不可逆リプレイス』などが代表曲として知られ、若者を中心に人気を集めています。今年2月に開催した日本武道館公演では、Hiroさんが客席にいる兄・Takaさんに『来年俺らと東京ドームで一緒にやってくれますか?』と呼びかけて、Takaさんもそれにサムズアップで応じたことが話題になりました」(音楽ライター)

 一方の林も、グラビアという分野で人気を誇っている。身長168センチの恵まれたスタイルに加え、2019年~2021年と「世界で最も美しい顔100人」に3年連続でノミネートされたほどの美貌の持ち主だ。芸能記者が語る。

「2020年秋頃から、お互いのInstagramアカウントに『いいね』し合う関係になりました。Hiroさんも林さんも飲み会好きなので、その縁で出会ったのでしょう。Hiroさんは明るい性格で、音楽仲間からの評判もいい。林さんはサバサバ気質で、『テラスハウス』に出演した際は『経験人数20~30人』と爆弾発言を投下したことも……。お互い気さくなので、フィーリングが合うようです」

 ふたりの関係について、双方の事務所に問い合わせたところ、期日までに返答はなかった。

 林は過去に好きな男性のタイプについて「心の広い男性が好き。(自分が)自由すぎて不安にさせちゃうところはあるかも」と語っていた。気ままな“陽キャ”同士で相性はぴったり? 第一線で活躍するふたりの今後に注目!

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン