国内

自転車旅行で1か月捕まらなかった逃亡犯 スマホ待たず、デジタル捜査の裏をかく結果に

野宮受刑者が潜伏した空き家。屋根裏にはテレビが置いてあったという(共同通信社)

野宮受刑者が潜伏した空き家。屋根裏にはテレビが置いてあったという(共同通信社)

 孤独な女性刑務官と、懲役75年の判決を受けて服役中だった男の逃避行は、11日目に終わりを迎えた。若き凶悪犯ケイシー・ホワイト受刑者(38才)と、彼に恋をした看守のビッキー・ホワイト刑務官(56才)。ふたりは4月29日、米アラバマ州の刑務所からパトカーで堂々と脱獄した。トラックに乗り換えると、州外に走った。北に向かって、テネシー州、ケンタッキー州を越えて350kmを走ったが、ついにインディアナ州で警察に発見された。

 ロマンスの結末を悟った看守のビッキーは、捜査車両とのカーチェイスの最中に、拳銃で自分の頭を撃って、絶命。車を降りて、両手を上げたケイシーは「私の妻を助けてくれ!」と叫んで逮捕されたという。勤続20年の真面目なビッキーは、わずか2週間にも満たない“新婚旅行”のために、残りの人生を失った。脱走の“魔力”にとりつかれた男女の、ドラマのような現実の話である。

「日本では基本的に、刑務所には男性刑務官、女子刑務所には女性の刑務官が配置される。受刑者と刑務官の間で恋愛問題が起きたというトラブルは聞いたことがありません」

 そう語るのは、『逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白』(小学館新書)を上梓したばかりのフリーライター、高橋ユキさんだ。同書には、近年、新聞やテレビで騒がれ、私たちの記憶に新しい逃亡犯たちが何人も登場する。

 2018年に大阪府富田林署の面会室のアクリル板をずらして逃げ出し、自転車旅のサイクリストを偽装して1か月以上も捕まらなかった山本輝行受刑者(当時30才・仮名)や、同年、愛媛県今治市の塀のない松山刑務所(大井造船作業場)から脱走して島に潜伏、さらには瀬戸内海の尾道水道を泳いで渡った野宮信一受刑者(当時27才・仮名)などだ。

「逃亡犯に取材をする中でいちばん印象が強かったのは、富田林署から逃げた山本です。彼は口がうまくて、ある意味では自分を客観視できる。相手が望んでいる『自分の姿』を察知して、演じることができるというのでしょうか。その“能力”が彼に長期の逃亡を可能にさせたのだと感じました」(高橋さん)

逃亡を可能にしたいくつもの偶然

 山本は、警察署から脱出して48日間にわたって逃げることができた理由を次のように説明している。

《壁を作らずに地元の人と積極的に話し、スマホに頼らないこと。スマホを眺めていれば、会話の機会を逃し、旅先の風景も見逃してしまう》(『逃げるが勝ち』より、以下《》内は引用)

 たしかにその動きは、奇妙なほど“フレンドリー”だった。警察署を脱出した後、盗んだ自転車をこいで四国に向かった山本は、日本縦断中のツーリストを装い、愛媛県庁の自転車新文化推進課に自ら足を運んだ。もちろん、顔は隠していない。

「山本は“日本一周をしているようなプレートを作れないか”“サイクルマップはないか”と相談したそうです。快く応じた県職員は、彼に『日本一周中』と印刷されたプレートと、サイクリング用の地図を提供しました」(全国紙社会部記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン