芸能

今も愛され続ける『マツケンサンバ』 牛丼、青汁、保険などの”CM曲”として注目

CMでの起用が続く松平健

CMで『マツケンサンバⅡ』の起用が続く松平健

 松平健が歌い踊る『マツケンサンバⅡ』がさまざまなCMで使われている。ブレイクから15年以上経つが、今も愛される理由とは? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * * 
 マツケンこと松平健がCMで快進撃を続けている。そのモチーフは、日本で随一の和風ピカピカダンスソング、ご存知『マツケンサンバⅡ』だ。この楽曲がブレイクする十年近く前の1995年、舞台で目撃して仰天し、おそらく日本で一番早くこの曲についてコラムを書いた身としてはとても感慨深い。

 松屋フーズのCMでは『みんなの!マツベンサンバ』篇では、♪オーレ~と例のメロディを口ずさみながら、キラキラマツケンが坂道を上ってくると、後ろには老若男女大勢の人々が。ついにはヘリまで飛んでくる。その町名の表示板には「松健3丁目8」の文字が! 続く「待たない!マツベンサンバ篇」では、ハイスピードでガタガタ揺れる車の中でもさっさと松屋の牛丼を注文。

「おトクだね!マツベンポイント」篇では、なんと夜空のオーロラをのれんのごとくかき分けて登場。お得なサービスをアピールした。

 また、日本薬健「金の青汁」も素晴らしい。冒頭、マツケンが日本で育った大麦若葉のフレッシュな青汁だと歌っていると、そこに煌めく腰元ダンサーズたちが姿を現し、どんどん増殖、金色の山一面を踊るダンサーズが埋め尽くし、その頂点には、健さんが。まぶしさの上にまぶしさを追加するというプラス思考(言葉の使い方は間違ってます)で、見る者を圧倒する。これは私の勝手な想像だが、商品名を「金の」とした瞬間、関係者の脳裏にはマツケンサンバが浮かび上がったのではないか。

 そして、アフラック「ALL-in プラスアフラックからの手紙 15話 舞台本番」篇では、舞台で腰元ダンサーズとともにサンバのポーズを決めた時、舞台に櫻井翔が現れ、「がん保険を見直すなら、今なんです」と書類を渡される。今、本番中なんだけど…と困惑するものの、示された資料をみて「サンバ踊ってる場合じゃないな」と電話することに。いつものアフラックダックも金の着物を着ているというこだわりようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン