スポーツ

新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も

SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)

SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)

 インスタグラムを効果的に使って、ファンの注目を集めている日本ハムのビッグボスこと新庄剛志監督の投稿が話題を呼んでいる。事の発端は、同一カード3連敗を喫した6月19日のロッテ戦の後に山田勝彦バッテリーコーチがベンチ裏で壁を蹴って右足甲を骨折し、チームから離脱したことに遡る。

 一連の出来事について、スポーツ用具メーカーのインスタグラム公式アカウントが『こゆことを大のおじさんがするから、野球バカは社会で活躍できないとなる。野球以外で稼げない』とストーリーズに投稿した。すると、新庄ビッグボスがこれを引用して『僕も野球バカですが~ 野球以外の方が何十倍も稼いでいますが 何か!?』とコメントを付けた。スポーツライターが話す。

「1つの事柄から『野球バカは社会で活躍できない』と結びつけるのは安易過ぎますし、ここで『野球バカ』という言葉を使うのもどうかと思います。スポーツ用具メーカーとして、アスリートへのリスペクトを感じられません。ビッグボスも怒るでしょう。ただ、わざわざこれを取り上げて、同じ土俵に乗る必要があったのかは疑問ですね。また、彼はあくまでプロで成功した野球選手というバックグラウンドがあるから野球以外で稼げている側面もあるわけで、効果的な反論とは思えませんでした」(以下同)

 ビッグボスは自分の投稿に『僕の性格上 気に食わないコメントやチームメート スタッフの文句を言う人間は即ブロックしてます そんな人間はshinjo freedomに来なくて良い』と綴った。ファンは新庄ビッグボスに寄り添うコメントを書き込んだ。

「ビッグボスはコーチや選手を家族のように思い遣る気持ちから、強い言葉で指摘したのでしょう。ただ、彼のようにカリスマ性のある著名人が特定のアカウントを名指しで攻撃すると、ファンが寄ってたかって、そのアカウントを非難し始める。そうすると、ファンとファン以外の分断が起こります。“コメント”という名の目に見えるファンの声はビッグボス支持がほとんどですが、書き込まないだけで『やり過ぎじゃないか』と思っている人も中にはいるでしょう」

 インターネットが普及したことで著名人が自ら発信できる時代になった。それ以前は言いたくても、手段がなかったため沈黙せざるを得なかった。現在はSNSで自らの主張を伝えることができる。

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン