国際情報

北朝鮮の金正恩総書記が警察機関に住民との関係改善を指示 横柄な態度に不満高まる

住民の間では新型コロナウイルスの感染拡大や防疫措置などによる不満が高まっていたという

住民の間では新型コロナウイルスの感染拡大や防疫措置などによる不満が高まっていたという

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記はこのほど、北朝鮮全土の治安部門と警察機関に対して、重要内部指令を出したことが明らかになった。「内部規律を強化し、住民との関係改善に取り組むようにしなければならない」などと述べて、住民に対して理不尽な要求をしたり、理由もなく権力を行使して人権を無視するような行動を慎むよう指導したという。

 北朝鮮では新型コロナウイルスの感染拡大や防疫措置などで住民らの間で不満が高まっており、党指導部は警察官らが専横な態度で住民に接すれば、国民の反発は加速し反体制運動につながることを恐れているとみられる。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 北朝鮮は新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するために2020年1月に中韓両国との国境を封鎖し、すべての貿易を停止した。そのため国際的な制裁ですでに弱体化していた経済がさらに大きな打撃を被った。

 今年に入ってから鉄道輸送が再開されたものの、中国でのウイルス再流行に伴い、再び閉鎖され、北朝鮮の市民は飢餓状態に陥っているなど、生活苦にあえいでいる。

 このようななか、金総書記からの内部指令で、警察を中心とした司法部門に対して、「地域住民との対立を解消し、警察官の態度やサービス内容を抜本的に改善し、警察のイメージを回復させなければならない」などとの通達が発せられた。

 この結果、警察の指揮系統も再編され、各地域の警察署は平壌の社会安全省に毎日、住民と接触状況や治安状況などの進捗を報告するよう求められている。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン