国内

鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち

1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)

1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄氏(写真/共同通信社)

 1972年、田中角栄は佐藤派から81人の議員を引き連れて木曜クラブ、いわゆる「田中派」を結成した。大派閥をバックに直後の自民党総裁選に勝利し、総理大臣となった。あれから50年──。すっかり熱気の失せた参院選を前に、かつて政界最強を誇った田中軍団の輝きを振り返る。【全4回の第1回】

 * * *
「私は角栄の直系だ」

「当時は派閥政治の全盛期。だから党本部になど行かず、派閥事務所にばかりいました。その中で『田中派』はまさに最強派閥で、お金のレベルも違った。総裁選の時にわれわれからこぼれる票はひとつもなかった」

 田中角栄・元首相の側近中の側近で「田中軍団の青年将校」と称された石井一・元自治相(享年87)は、本誌・週刊ポストの取材にそう語っていた。6月4日に亡くなった石井氏が死の直前まで懐かしそうに振り返ったのは、最強派閥と呼ばれた田中派の「鉄の結束」だった。

 最盛期には140人以上の議員を抱え、「数は力」の論理で政界を席巻した田中派。その力の源は、個々の持つ並外れた能力だった。

 大蔵官僚として角栄政権を支えた藤井裕久・元財務相が語る。

「田中派には林義郎さん、後藤田正晴さんなど政策に強い人が多く、中央官僚から一目置かれていました。また政策には強くないものの、国対で当時の最大野党の社会党と“寝技”を繰り広げた金丸信さんら政局通は国会運営で力を発揮しました。国会で法案を通すことは官僚の最優先課題であり、国会運営の観点からも官僚は田中派の面々を頼りにしていました」

 角栄の秘書として政界入りした衆院議員の中村喜四郎・元建設相は、「適材適所の人事が田中派の強みだった」と振り返る。

「厚生省は橋本龍太郎、郵政省は小渕恵三、大蔵省は竹下登など、田中派の有力者は省庁の要所を押さえていた。それ以外の議員は、『じゃあ自分は金丸さんと一緒に得意な建設をやろう』などと身の振り方を考え、役人や業界団体とのパイプを築いていった。さらに田中派は『他人のために汗をかけ』『他人の選挙に協力できないと失格』が合言葉で、田中さんや先輩の目が光っているから抜け駆けできない。自然と適材適所の人事が定まり、その中で皆が一生懸命に鍛錬して政治家としての力量を伸ばした」

 鉄の結束を誇る田中軍団をまとめあげたのが、角栄の「人間力」だった。

 中村氏は「みんな、田中さんが好きだから集まっていたんです」と語る。

「軍団と言うと指揮命令系統に沿って上意下達で動くイメージですが、私が感じる田中軍団は、田中さんの指導力に心酔した人が集まった集団でした。自分が仕える国会議員よりも田中さんへの忠誠心が強く、『私は田中角栄の直系だ』と口にする秘書も多かった」

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン