芸能

TBS安住紳一郎アナ、恩師や先輩アナが明かす“天才的なしゃべり”のスキル

TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)

TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)

「イヤイヤ感」「やらされてる感」「サラリーマン感」……時に“性悪”を隠そうともしない態度までもが視聴者に大ウケのTBSの安住紳一郎アナウンサー(48)。毒づくほど視聴者のみならず共演者も喜ぶという、奇妙な才能を持つ男の素顔を解き明かす。【全3回の第1回】

 * * *
 ビートたけし、中居正広ら大物芸能人や、泉ピン子、高畑淳子などの“くせもの女優”にも物おじせずに毒舌を吐きながらも、高いプロ意識の窺える番組進行管理と両立させて皆に愛されるTBSの安住紳一郎アナウンサー。

 昨年10月からは朝の情報番組『THE TIME,』総合司会を務め、いまやTBSの“朝の顔”になっている。

 2006年に始まったオリコンの「好きな男性アナウンサーランキング」では第1回から5回連続で1位になり(2008年は2回実施)、2009年には「殿堂入り」を果たすなど、視聴者からも抜群の人気を誇っている。

 その魅力の源は、いったいどこにあるのか。

 安住アナは1973年、北海道帯広市に生まれた。上京の理由は、ドラマ『北の国から』(フジテレビ系)の影響だったという。自著『局アナ 安住紳一郎』でこう明かしている。

〈富良野はウチからわりと近かったから、純くんと自分を重ね合わせて見ていたんですね(中略)れいちゃん(編集部注・横山めぐみ演じる大里れい)が「東京に行きゃあいいじゃない!」てなことを言う。それまで純くんはそんなこと考えたこともなくて、田舎でささやかな楽しみを紡いで生きていこうとしていた。なのに、楽しくて楽しくてゴーゴーって感じのれいちゃんが「私は行くわ。東京に」って。それ聞いて「あっ、俺も行っちゃお~」と東京に来た〉

 明治大学文学部に入学し、在学中は後に『情報7daysニュースキャスター』で共演する齋藤孝氏のゼミナールに所属していた。齋藤氏は、まだ学生だった安住アナの「才能」に目を見張ったという。

「学生時代から、天才的なしゃべりでしたよ。意味のあることを高速でしゃべり続けることができる、稀なる才能を持った学生でした。頭の回転が非常に速く、面白いことをパッと言えるのは、学生の頃も今も変わっていません。次から次へと適切な語彙が選択され、自分の経験、エピソード、情報を話の文脈のなかに即座に入れることができるんです。

 そうした瞬発力の素晴らしさだけではなく、その場に合ったしゃべり方ができるのも、彼の話す技術の高さを示している。“ケガを恐れずジョークをいう勇気”というものが、彼の話す技術にはある」

 在学中に中学・高校の国語科の教員免許を取得し、教育実習も終えて就職する高校も決まっていたが、たまたまアナウンサー募集のポスターを目にして、民放各社を「記念受験」。唯一合格したのがTBSだった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン