芸能

『六本木クラス』の成功は平手友梨奈の「変化」にかかっている

派閥と嫉み…脱退の真相は?

難役に挑む平手友梨奈(時事通信フォト)

 名作のリメークは世界で行なわれているが、プロットが共通するゆえ、評価の軸は演者にかかってくることが多い。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 竹内涼真主演のドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系木曜午後9時)が話題を集めています。何といってもNetflixで人気を博した韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本版リメークゆえに、2つのドラマを「比較」したくなるのは人情です。

 主人公・宮部新を演じているのは竹内涼真さん。韓国版主人公セロイのトレードマーク、イガグリ頭にした竹内さんを見た時は、「これで大丈夫なのか」という心配がわき起こりました。しかし、第一話が始まると竹内さんの役に賭ける強い意欲が伝わってきて、熱の籠もった演技と集中力に吸い寄せられました。正直、学ラン姿の高校生時代のシーンもちょっと引きましたが、視聴者が白けて醒めてしまう前に、何とか物語の中へと引っ張り込むことができたのではないでしょうか。

 考えてみると、本家『梨泰院クラス』の筋立てはある意味、シンプルな復讐劇です。それを16話にもわたって見せ切ることができたのは、個性的な登場人物たちの瑞々しい魅力がはじけていたからでしょう。

 例えば主人公のパク・セロイ(パク・ソジュン)は、ポカンとした無垢な少年の表情と復讐にかけるすさまじいエネルギー・怖さ、その非対称的な両面性が魅力的でした。一人の人間の中にある振れ幅や落差が、何ともいえない味わいになっていたのです。

『六本木クラス』でも、新という人物の複雑な魅力をどこまで浮き彫りにできるか。怒りが沸騰し暴走してしまう凶暴性と無垢な純粋さ、両極端の味わいを竹内さんがどこまで的確に表現してくれるか、期待したい。さすが元サッカー選手の竹内さんだけに、格闘シーンの身体はキレていて素早いアクションも印象的。加えて、因縁の相手・龍河演じる早乙女太一さんの、ひやりとする冷たさや不良ぶりもハマっていて相乗効果を生んでいました。

 一方、新の幼なじみで初恋の人・楠木優香(新木優子)はどうでしょうか?

 高校時代の優香を演じた新木さんは、どうやっても十代には見えなくて、ちょっとこの役はつらいかなと思いきや……。大人になり長屋ホールディングスのスタッフになった優香の演技は、なかなかハマっています。強い意志を内面に秘めた優秀なビジネスウーマンを新木さんがきちんと体現していて一安心。韓国版スア役のクォン・ナラさんの面影と新木さんがどことなく似ている点もアドバンテージと言えるでしょう。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン