国内

安倍氏銃撃事件で懸念される模倣犯 “手製の武器の使用”を防ぐのは困難な現状

山上徹也容疑者のTwitter投稿から何が読み取れるのか(写真/共同通信社)

模倣犯の出現が懸念される(写真/共同通信社)

 7月8日の惨劇から、いまだに日本中が混乱の中にある。安倍晋三元首相(享年67)の銃撃事件で誰もが驚いたのは、凶器の銃が手製だったことだ。殺人容疑で逮捕された無職の山上徹也容疑者(41才)の自宅からは、手製の銃7丁が見つかり、うち1、2丁は作りかけだった。

 これまで、日本では暴力団や一部のガンマニアが銃を手作りするケースが多かったが、近年は誰でも銃が作れる危険度が高まっている。その契機となったのが、インターネットの普及だ。最近は、ネットで入手した凶器を使った事件も目立つようになった。

 昨年11月、愛知県弥富市の中学3年生の男子生徒が同学年の男子生徒を刺殺した事件では、加害生徒が事件で使った包丁をネットで購入している。

 2019年9月、茨城県境町の一家4人が殺傷された事件では、容疑者がサバイバルナイフや催涙スプレーをネットで購入していた。

 2015年に兵庫県洲本市で男女5人が刺殺された事件でも、容疑者はホームセンターでは取り扱いがないタイプのサバイバルナイフをネット経由で手に入れていた。

 また、通常は取引できないモノが流通する「ダークウエブ」の暗躍も囁かれる。警察庁の日本の銃器情勢によれば、令和3年にネットの闇オークションサイトや掲示板などを端緒として押収された拳銃は36丁にものぼり、近年は年間30〜50丁台で推移しているという。ITジャーナリストの三上洋さんは言う。

「ダークウエブとは、通常のネットから直接アクセスできず、『Tor』というツールを使って利用する隠れたサイト・ネットサービスのことを言います」

 そこでは、不正アクセスで入手した個人情報や薬物、武器など、少なくとも日本ではまっとうには流通しない代物が取引されている。Torは2005年頃から普及し、インストールすると、自分のアクセス元やIPアドレスなどを匿名化してウエブサイトを閲覧することができる。

「Torを利用してダークウエブにアクセス・閲覧すること自体はさほど難しくありません。しかし、ダークウエブサイトでの取引や金銭の授受には複雑な条件や登録が必要。ダークウエブを規制する手立てはありませんが、少なくとも一般市民が悪用するには、ハードルが高すぎる」

 Torは本来、ユーザーのプライバシーを守るために作られたもので、それ自体は危険なものではない。銃器評論家の津田哲也さんはこう話す。

「警察は定期的にサイバーパトロールで巡回しています。一般人がネットを駆使して銃を入手しても、すぐに足がつく。少なくとも、無差別殺人などにネットで買った銃が使われる可能性は低い」(津田さん・以下同)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン