国内

一般人が過激化する「ローンウルフ型犯罪」が増加 匿名のSNS投稿が背中を押す恐怖

ダークウエブは現在、主に“犯罪のプロ集団”が悪用しているとされる(写真/Getty Images)

ダークウエブは現在、主に“犯罪のプロ集団”が悪用しているとされる(写真/Getty Images)

《そろそろ、蔑ろにされた人々に向き合うべきかと》──安倍元首相銃撃事件を受けて、2ちゃんねる開設者のひろゆきさんはこうつぶやいた。殺人容疑で逮捕された無職の山上徹也容疑者(41才)は、幼い頃は裕福な暮らしだったが、母親が入信する宗教団体「統一教会(現・世界平和統一家庭連合)」に多額の献金をするようになり、家庭が崩壊したと報じられている。

 父の自殺、母の自己破産、兄の自殺などの苦境を経て、職を転々とする貧しい暮らしの中で統一教会への恨みを募らせた山上容疑者は、やがて統一教会の友好団体にメッセージを寄せるなど、祖父の岸信介元首相の代からかかわりがあったとされる安倍元首相に殺意を抱くようになり、社会から孤立してひとり黙々と銃を作っていた。

 いま注目されるのが、かつてひろゆきさんが命名した「無敵の人」と呼ばれる人たちだ。彼らは家族や友人、仕事といった、「犯罪を実行すれば失ってしまうもの」を持たない、または失っても構わないと考え、凶行に及ぶ。犯罪心理学者の出口保行さんが言う。

「こうした人は、自分は社会から認められていないという思いが強く、不満を一挙にはらすため凶悪犯罪に走ります。通常、人は犯罪の動機が生まれても、実行する前にリスクとコストを考える。ところが、無敵の人といわれる人々は、逮捕されて家族や友人、仕事や社会的信用などを失うことを恐れず、踏みとどまることがないのです」

 本人が社会からの隔絶を強く感じていることから、近年は「ローンウルフ(一匹狼)型犯罪」とも称される。反社会的な組織や思想とはかかわりがなかったはずの一般人が、インターネットなどで得た情報から過激化し、テロ行為などに及ぶことを指す。

 2008年の秋葉原無差別殺傷事件、2016年の相模原障害者施設殺傷事件、2019年の京都アニメーション放火殺人事件、2021年の京王線“ジョーカー”刺傷事件など、生活がうまくいかず孤立し、他人や社会に恨みを抱くローンウルフが手を染めた犯罪は枚挙にいとまがない。

 社会心理学者の碓井真史さんは、山上容疑者が県内有数の進学校出身であったように、ローンウルフたちは、学生時代には優等生であることも少なくないと語る。

「自分の能力の高さに自負があると、挫折や失敗したときに“おれ、頭悪いからさ”と開き直れず、“こんなはずじゃなかった”“どうして自分がこんな目に”と悔しさを募らせ、他人や社会全体を憎む傾向があります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン