スポーツ

貴ノ花、清國、大麒麟、豊山など 横綱を苦しめた昭和の名大関たち

各界のプリンスと呼ばれた貴ノ花(時事通信フォト)

各界のプリンスと呼ばれた貴ノ花(時事通信フォト)

 大相撲7月場所。正代、御嶽海、貴景勝の3人の大関陣は前場所と同様に序盤から揃って星を落とし、館内はため息に包まれた。物言いを催促するような仕草を見せたり、横審の苦言に対して愚痴をこぼしたりと言動が疑問視されるシーンもあった。

“昭和の名大関”と呼ばれた力士たちは、違ったはずだ。

 相撲取材歴70年の元NHKアナウンサー・杉山邦博氏は「“名大関”の定義は難しいが、大関だったからこそ、その存在が光り輝いたと言えるのは貴ノ花でしょう」と語る。

 1972年9月場所後に大関昇進を決めた貴ノ花は、粘り強い足腰と端正なマスクで“角界のプリンス”と呼ばれた。

「軽量力士だった貴ノ花の場合、体つきからして横綱に昇進しても苦労することが想像された。ファンには“綱を張ってほしい”という願いがあったが、今から振り返れば無理に横綱にならないでよかったのかもしれない。そうした状況のなかで、大関としての存在感を十分に見せつけた力士と言えます」(杉山氏)

 優勝は大関時代の1975年3月場所と同9月場所の2回だが、印象は鮮烈に残っている。いずれも優勝決定戦の相手は“強すぎて嫌われた力士”の代表格と言える横綱・北の湖。初優勝時は左四つから右前まわしを引き付け、寄り切った。場内には無数の座布団が舞い、歓喜の優勝パレードには2000人が集まった。

「貴ノ花は、小結時代の1971年5月場所では“昭和の大横綱”である大鵬に黒星をつけ、翌日に大鵬が引退を表明。強い横綱を打ち破る力士という印象があるからこそ、綱は張れなかったがファンに愛され、長く記憶に残っている」(ベテラン記者)

 大関在位50場所目となった1981年1月場所で、ケガで満身創痍だった貴ノ花は30歳にして引退を表明。その引退の日にNHK中継を担当し、思わず声を詰まらせていたのが前出・杉山氏だが、「横綱を苦しめる、というのが名大関の条件になるでしょう」と続ける。

「その意味では、1969年5月場所後に大関に昇進した清國を挙げたい。初土俵が同期だった大鵬を苦しめ、存在感をアピールしました。強烈な右おっつけで大鵬のヒジを壊すほどの力を見せつけました」

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン