1969年7月場所で優勝した清國(写真/共同通信社)

1969年7月場所で優勝した清國(写真/共同通信社)

 清國は新大関だった1969年7月場所では千秋楽の本割の土俵で大鵬を破り、藤ノ川との優勝決定戦を制して新大関場所優勝を果たしている。杉山氏が言う。

「清國と同時代には重い腰と柔らかい体で個性的な四つ相撲を取った大麒麟(1970年9月場所後に大関昇進)もいました。部屋の兄弟子である大鵬のライバルだった横綱・柏戸に対して通算対戦成績で勝ち越し(9勝8敗)ており、“柏戸キラー”として名を馳せた。個性があり、存在感を発揮してくれた力士です。

 たしかにそうした昭和の名大関と比べると、今の大関は情けないですね。存在感が極めて薄い。アピールするものが少なく、残念で仕方がありません。原因は心技体の『心』の部分に尽きるのではないか。典型的なのが正代。実力がないわけではないが、精神的に弱い。御嶽海にしても負け方があっさりしすぎている。名大関と言われた力士たちとの違いは大きい」

大関が弱いと面白くない

 1963年1月場所後に昇進し、“インテリ大関”と呼ばれたのが、引退後に理事長も務めた豊山である。

 東京農大で学生横綱のタイトルを獲得し、双葉山率いる時津風部屋に入門。幕下付け出しデビューから6場所で新入幕を果たし、さらにそこから7場所で初の学生相撲出身の大関となった。突っ張りと右四つからの攻めを武器にスピード出世をした印象が強く残る。

「豊山は横綱になり得る実力を十分に備えていたと思います。しかし、大鵬、柏戸の厚い壁に阻まれた。同じ時代にがむしゃらにぶつかっていって綱を掴んだのが佐田の山でしたが、いかにもインテリらしく土俵を務めたのが豊山でした。組み止めての四つ相撲へのこだわりが強く、その意味では個性的でしたし、横綱に相応しいと思って見ていましたが、“柏鵬時代”に生まれたことが不運だった大関と言えるでしょう」(杉山氏)

 平成の時代になってからの力士だが、2000年7月場所後に大関に昇進した魁皇も、「横綱になれる素質を持ちながら、大関の地位で終わった力士のひとり」(同前)である。大関在位65場所は歴代1位タイ、大関として4回の優勝を誇る。

「2004年9月場所では13勝2敗で優勝し、翌11月場所では横綱・朝青龍に次ぐ12勝3敗で準優勝だった。あの時に横綱に昇進させてもよかった。ただ、11月場所の千秋楽で魁皇は朝青龍に勝っているのですが、前日の時点で星2つの差があったので14日目に優勝が決まってしまっていた。その印象の悪さもあって昇進を果たせず、成績を残しながら運が伴わなかった大関です」(杉山氏)

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト