国際情報

【プーチンと習近平】世界でもっとも危険なふたり 「蜜月関係」がもたらす新たな国際秩序

ジャーナリスト・峯村健司氏が2人の“個人的関係”に迫る

習近平とプーチンの「蜜月関係」がもたらすのは…

【プーチンと習近平・連載最終回】習近平が父親から多大な影響を受けたのと同じように、父のトラウマがウクライナ侵攻へ駆り立てる原動力となったプーチン。そんな2人が抱く「同じ夢」が、今後の世界情勢を左右することに──。ジャーナリスト・峯村健司氏がレポートする。(文中敬称略。第1回から読む

 * * *

プーチン失脚説に激怒

 厳しいネット規制が敷かれている中国。数百万人の「ネット監視員」が、政府批判の書き込みがないかどうか、目を光らせている。そんな厳戒下にもかかわらず、3月11日に中国政府の外交方針を批判する書き込みが波紋を呼んだ。

「プーチンと一緒にされてはいけない。中国が同じ船に乗れば、プーチンが失脚した際に巻き添えを食らうからだ。一刻も早く手を切るべきだ」

 上海市共産党委員会の幹部養成学校の教授、胡偉(こい)が「ロシア・ウクライナ戦争の起こりうる結果と中国の選択」と題した論文をインターネット上に発表した。

 胡は、国務院(政府)に政策を提言する国務院参事室公共政策研究センターにも勤務したことがある政策ブレーンの一人。この論文も上層部に提出したものだった。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、国際社会が対ロ批判を強めているにもかかわらず、盟友、ウラジーミル・プーチンを擁護する習近平への痛烈な批判だった。

 政府関係者による習批判とあって、中国国内ではすぐにアクセスできなくなった。しかし、コピーされた論文の画像が、SNS上で瞬く間に広まった。論文が書かれた背景について、胡の同僚だった中国の大学教員が解説する。

「胡氏はハーバード大学で研究したことがある優秀な研究者です。論文の大意は、欧米諸国と相対してロシア寄りの姿勢を崩さない上層部を心配する共産党と政府のなかの大多数の本音でしょう。ところが、論文のある部分が上層部を激怒させたと言われています」

 はっきりとは言わなかったが、前後の文脈から「上層部」とは習近平のことを指しているのは確かなようだ。この大学教員が指摘するのが、論文中の次の部分だ。

「西側の制裁は前例のないレベルに達しており、ロシアの人々の生活は深刻な影響を受けている。反プーチンの勢力は結集しつつあり、政変が起こる可能性も否定できない。ロシア経済は崩壊寸前で、プーチンの権力維持は困難だろう」

 習の盟友、プーチンの失脚に言及したことが逆鱗に触れたようだ。論文は、当局によって「秒シャン(ミャオシャン=1秒で削除されること)」された。だが、批判はこれだけにはとどまらなかった。5月上旬、外交をつかさどる中国外務省関係者からも批判の声が上がった。

「ロシアの優勢は、ウクライナの頑強な反撃と、西側諸国の巨大で有効な援助により打ち消された。プーチン氏のリーダーシップによる『ロシアの復興』と呼ばれるものは、存在しない偽りの命題だった。ロシア側の完敗となって終わりを告げることになるだろう」

 駐ウクライナ大使を務めた高玉生が、中国政府系シンクタンクが主催した非公開のオンライン講演会でこう指摘した。この講演内容を香港メディアが報じて、中国国内でも広がったものの、これも「秒シャン」された。ロシアで勤務をしたことがあり外交政策にも助言をしている元外交官による露骨なプーチン批判は、波紋を呼んだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン