芸能

大河で怪演・佐藤二朗は“演技マニア”「24時間芝居の話をする」と演出家

佐藤二朗の魅力を親交の深い人たちが語る(写真提供/NHK)

佐藤二朗の魅力を親交の深い人たちが語る(写真提供/NHK)

 気がつけば数多の作品に登場していた木訥(ぼくとつ)とした風貌の中年男。一癖も二癖もある役を演じてきた怪優が今、NHK大河ドラマで中心人物を担っている。佐藤二朗(53)とは、一体何者なのか──。【全4回の第1回】

人間臭くて憎めない

 新章がスタートしたNHK大河『鎌倉殿の13人』で、北条家最大のライバルである比企一族の当主・比企能員を演じる佐藤二朗。

 千葉常胤役の岡本信人はその演技に舌を巻いたという。

「常胤は13人には名を連ねていませんが、そもそも権力争いに興味がなく、自分の所領を守り、一族に繁栄をもたらすために忠義を尽くす真っ直ぐな武士。一方、佐藤さん演じる比企能員は坂東武者の中でも常胤たちとは一線を画す存在で、権力を手にするためあの手この手と狡猾に立ち回る。

 ズルいヤツなのに、佐藤さんが演じると、裏で見せる本音の顔も人間臭くて憎めない男に見えてくる。上総広常(佐藤浩市)に『こいつがぁ?』と言われて、『その言い方は、またなんと』と上手く受け流す台詞の言い方もまた比企らしくて面白かった。

 佐藤さんは役に自分を近づけるのではなく、役を自分に引き寄せるタイプ。それでいて、その役の本質を損なわない。これは相当な力量がないとできないことで、本当にすごいと思います」

 一度見たら忘れられない独特の風貌とクセの強い演技。彼はいかにして名バイプレイヤーから、大河の主軸を担うまでになったのか──。

 佐藤は愛知県春日井市出身で、小学生の頃から俳優志望だったという。

 信州大学卒業後、リクルートに就職したが、たった1日で退社。2つの俳優養成所に通うものの劇団員にはなれず、2年後に広告会社に再就職し、サラリーマン生活を送りながら、養成所時代の仲間と演劇ユニット『ちからわざ』を旗揚げし、俳優を目指した。

 本人いわく「暗黒の20代」を過ごしていた彼を見出したのが、演出家の鈴木裕美氏だった。佐藤との出会いから20年以上親交のある鈴木氏が語る。

「1997年に30分くらいの短い舞台のオーディションで、彼を主人公に選んだのが始まりです。顔も手も足もものすごく大きくて、あのルックスはインパクトがありました(笑)。それに芝居が好き、演技をするのが好きというのが伝わってきて、達者な方だと思いました。私もそうですが、“演技マニア”なところはその頃も、今も変わっていません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
石丸伸二市長
【恥を知れ、恥を!】安芸高田市長、議会での古参議員との激しい対立を公開して話題 結果的に財政を潤わせる見事な手腕
女性セブン
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
阿部慎之助・新監督は菅野智之をどう起用するか
【巨人に暗雲】大勢の離脱で“ストッパー菅野智之”に現実味 阿部監督は腹を決めて抜擢できるか
週刊ポスト
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン