芸能

市村正親、長男の演劇界入りにしてやったり 篠原涼子とは「いまがいちばん仲がいい」

市村正親と、後ろを追いかける息子

市村正親と、後ろを追いかける息子

「これぞ希代のミュージカル俳優の帝王学ですね」。ある演劇関係者は、目を輝かせてこう話した。7月末、東京・帝国劇場から、ミュージカル『ミス・サイゴン』の出演を終えて、移動車に乗り込んだのは市村正親(73才)。その後ろから、ブルーのキャップを後ろ向きにかぶり、目元をきりっとさせた美少年が追いかけてきた。

「市村さんのご長男、優汰くんです。この舞台には出演していませんが、勉強も兼ねて、見に来ていたようです。コロナ禍なので楽屋に入ることもできないのに、勉強熱心ですよ」(前出・演劇関係者)

 2008年5月に、篠原涼子(48才)との間に授かった第1子は、14才に成長していた。市村は、2005年に25才年下の篠原と再婚。この長男と次男(10才)が誕生したが、結婚16年目の昨年7月に電撃的に離婚。しかも、篠原が自宅を出て、市村が2人の息子の親権を持ちワンオペ育児で育てるという、珍しい形を取った。その背景には、8年前には胃がんを患い、古希も越えた市村が、残りの人生をすべて息子たちに注ぎたいとの思いがあったからだ。

 昨年出演したバラエティー番組では「ぼくが年齢がいってるから、子供たちが大きくなるまで待てない。構いすぎなんだけど、ほかの人に任せるわけにはいかない」と明かし、実際に子供の食事や弁当も毎日市村が作っている。

 その思いが通じたのか、長男は市村の後を追うように演劇の世界に足を踏み入れた。昨年9月に市村の主演ミュージカル『オリバー!』で、親子初共演。市村は会見で「最高!」と声を張り上げた。

 市村は、芸歴49年。劇団四季の看板俳優を長く務め、1990年の退団後も、舞台に立ち続けてきた。いわば生ける伝説のミュージカルスター。長男との“親子鷹”は、市村にとっても演劇界にとっても喜ばしいことだという。

 この7月に『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した市村は、このときも目尻を下げっぱなしで子供のことを話し続けた。

「幼い頃から優汰くんを舞台に連れていき、ステージに上げて“いつかはここに立つんだ”と言ってきたとかで。『徹子の部屋』では優汰くんが舞台に出たいと言い出したときの心境を聞かれ“しめしめですよ”と、してやったりの顔をされていて、黒柳さんも笑っていましたね。篠原さんについては、“時々遊びに来る”と明かしていましたよ」(番組関係者)

 一方で、篠原とは予想外の関係になっているようだ。

「結婚中は、夜遊びを繰り返す篠原さんのことが心配だったそうですが、離婚後は気にならなくなったそう(笑い)。今年、篠原さんは、Netflixのドラマ『金魚妻』で、大胆な濡れ場を演じていますが、離婚したことで、今後も自由に好きな役に挑戦できます。互いにストレスがなくなり、時々家にやってくる篠原さんとは、“いまがいちばん仲がいいね”と言い合っているそうです」(市村の知人)

 離婚によって家族が幸せに──そんなこともあるようだ。

※女性セブン2022年8月18・25日号

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン