芸能

風吹ジュン、父と53年ぶりの再会で心境に変化 “父を奪った女性”に感謝の心意気

風吹ジュンが父を亡くしていた

風吹ジュンが父を亡くし、その思いを語っていた(写真は2021年11月)

《そんな父も、去年亡くなりました。(中略)今では、母から父を奪った女性に感謝すらしています》

 風吹ジュン(70才)は父との別れを、雑誌『HERS』(2022年夏号)のインタビューでこう明かした。この言葉の意味を理解するには、彼女の波乱に満ちた人生を知る必要がある。

 風吹は1952年に富山県で生まれたが、これまで郷愁にかられることは少なかった。つらい思い出が多かったからだ。原因は父の女性関係だった。

「高校教師だったお父さんには、愛人がいたようです。その愛人宅に、幼い風吹さんを連れて行くこともあったとか。不倫が発覚してからは両親のけんかが絶えなくなり、風吹さんが小学5年生のときに両親は離婚しています」(芸能関係者)

 3つ上の兄と母のもとで暮らすことになった風吹。しかし生活は困窮。風吹は母の内職を手伝って家計を支えた。母は風吹が中学2年生のときに、離婚時の慰謝料でスナックを開くも、経営難でわずか半年で閉店。すると風吹は母から「もうアンタの面倒は見られない」と告げられ、突然、先に家を出ていた兄のもとに送りつけられてしまう。いわば、家族崩壊──。

 中学卒業後は進学せず、青春を謳歌する同年代を横目に、レストランで住み込みで働きながら、必死に生きた。18才で上京し、20才でモデルデビューすると瞬く間に人気者になった。

 プライベートでは1981年に音楽プロデューサーの男性と結婚。2人の子供に恵まれるも1992年に離婚した。シングルマザーとして子育てと仕事に奮闘し、女手ひとつで子供を育て上げた。2011年末からは新たなパートナーと交際し、現在は同棲中だという。紆余曲折を経て、曲がりなりにも平穏な生活を送っていた風吹に、予期せぬ連絡が入ったのは2015年のこと。

「親戚から、お父様が倒れたという連絡があったそうです。奈良県の病院に入院しているから、会いに来てはどうか、というものでした。両親の離婚以来会ってはいなかったし、何より“自分は捨てられた”という意識を持っていた。そんな思いだったため、会うことを躊躇したそうです。

 でもそのとき、風吹さんは連続テレビ小説『あさが来た』(NHK/2015年)の撮影で、奈良に近い大阪に滞在中で“これは何かに呼ばれているのかもしれない”と感じて、入院中のお父様に会いに行くことを決意したそうです」(前出・芸能関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン