夜中のゲームはNG。「今日の身長の伸び」をゼロにする

 睡眠は、脳だけでなく、思春期の身体にも大きな影響を及ぼしている。生殖ホルモンや成長ホルモンは、“真夜中、網膜が余計な光刺激にさらされていないこと”によって健やかに分泌される。思春期の身体のミッション、生殖器官を完成させること、身長を伸ばすことも、睡眠によって担保されている。

 また、ホルモンは、光の影響を受けやすい。これらの器官は、視神経に直結していて、網膜に当たる光の強弱で、分泌するホルモンをスイッチングしていているからだ。

 たとえば、夜中、網膜に光が当たらなくなると、メラトニンが分泌される。これは、脳全体の神経信号を鎮静化させ、脳を眠りに導くホルモンだ。逆に、網膜が朝日を感知すると、脳内に、セロトニンが分泌してくる。セロトニンは、脳内全体を活性化させるホルモンで、爽やかな目覚めを創り出す。

『娘のトリセツ』著者の黒川伊保子氏が大人になった娘との接し方を解説

子どもにどんな言葉をかけるべきか(黒川伊保子氏)

「生殖ホルモンと成長ホルモンは、網膜が光刺激から解放されたときに活性化されるホルモンです。寝る子は育つ、は、脳科学上も真実。男子の身長を、160センチ台から180センチまで押し上げるのは、14歳から16歳の3年間。女子は、初潮の前にぐんと伸びる傾向があるので、もう少し早いのですが、いずれにせよ、思春期に骨の伸び盛りがやってくるのは同じ。その伸び盛りに、“眠りのゴールデンタイム、真夜中”にゲームに興じたり、SNSに夢中になっているなんて、勿体なさすぎると思いませんか?」(黒川さん)

 確かに、息子に携帯(スマホ)を持たせたとたん、背が伸びなくなったという話を、よく聞く。

「でも、いくら“夜中のゲーム禁止、スマホ禁止”と言っても、中学生が聞く耳持つわけがないですよね。だったら、次の呪文を唱えてあげて。今の子は、身長が伸びないのは、かなりのショックらしくて、この呪文がかなり効くはずです。

夜中のゲーム(スマホ)は、今日の身長の伸びをゼロにする
夜中のゲーム(スマホ)は、今日の勉強をなかったことにする
夜中のゲーム(スマホ)は、筋肉のつかない身体にする

 ついでに、将来、胸の谷間が欲しかったら、夜中のゲーム(スマホ)は止めといたほうがいい、も。このどれもが真実なので、子どもに合わせて言ってあげたらいいと思います。思春期、生殖ホルモンが加速する夜中に、網膜を無駄に刺激しないほうがいい。18歳を過ぎてからでは、いくら悔やんでも取り返しがつかないこと教えてあげてください」(同)

思春期の脳に必要なのは、肉や卵などのタンパク質

  朝ごはんはもちろん、毎日の食事の中身も、脳育ての最重要事項だ。

「詳しいことは専門家に任せますが、私からアドバイスできることは、肉とたまごなどの動物性タンパク質を、思っているよりも多く食べさせたほうがいいよということです。特にたまごは、手軽で、コスト・パフォーマンス(値段に対する栄養価)がめちゃくちゃいい。しかも、たまごは脳が必要としているビタミンB群、アミノ酸、コレステロールの宝庫です」

「脳育てに不可欠な脳内ホルモン、《脳を活性化するセロトニン、脳を鎮静化するメラトニン、好奇心をつくり出すドーパミン、集中力をつくり出すノルアドレナリン》の材料は、ビタミンB群とアミノ酸。それらのホルモンによって起こった脳神経信号を、到達地点まで減衰させずに届けるためにはコレステロールが必要です。脳の6割は脂でできていて、その半分がコレステロールです」

 この数字だけでも、成長期に、脂肪カット、コレステロール0のダイエットが、いかにナンセンスかがわかるはず、と黒川さんは指摘する。

「さらに、女子にとっては、女性ホルモン・エストロゲンの材料でもあるので、思春期にコレステロールが著しく不足してしまうと、将来の生殖能力に関わることがあることも覚えておいてください」

 また、骨がぐんぐん伸びるとき、その材料であるたんぱく質、カルシウム、鉄分が大量に使われる。鉄分は、脳に酸素を送る大事な栄養素なので、骨に取られると、当然ぼんやりして、眠くなる。

「中学生の脳が、ぼんやりしてて、寝ても寝ても寝足りないのは、身長を伸ばすこととのバーター(引き換え)でもあります。ぼんやりを止めるには、鉄分が必須。肉、中でも、豚レバーはダントツです。中高生の食事について詳しいことを知りたかったら、ぜひ専門書を読んでみて。親が準備できる食事は万全の態勢で臨んで、この大変な時期を親子で乗り切ってください」

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン