国内

安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか

「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)

「保守路線の継承者」として名前の挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)

 永田町には、安倍晋三・元首相を失った喪失感がいまだ続いている。その大きな政治的役割を継ぐ後継者は現われるのか。

 そこで本誌・週刊ポストは、「安倍氏の後継者にふさわしい人物は誰か」というテーマで評論家や政治ジャーナリスト、保守論壇の学者、官僚OB、エコノミストなど各分野の専門家26人に緊急アンケートを行なった。

【選者は有馬晴海氏、石橋文登氏、潮匡人氏、江上剛氏、大下英治氏、大原康男氏、木下厚氏、古賀茂明氏、古森義久氏、島田洋一氏、菅沼光弘氏、石平氏、田村重信氏、富田隆氏、野上忠興氏、長谷川幸洋氏、福田逸氏、藤井厳喜氏、藤本順一氏、真壁昭夫氏、松田喬和氏、三浦瑠麗氏、宮崎信行氏、百地章氏、山本学氏、屋山太郎氏の26人(五十音順)。複数回答あり(3人まで)。同率の政治家は五十音順で記載した。】

 安倍政治には功罪ともに指摘されているが、大きな特徴は「保守主義」を前面に掲げて安保法制や憲法改正手続法を推進したことにある。

 そうした「保守路線の継承者」として名前が挙がるのが高市早苗・自民党政調会長(2位)だ。保守論壇の大御所、大原康男・國學院大學名誉教授はこう言う。

「最大派閥の会長でありながら安倍さんは先の総裁選で無派閥の高市さんを推した。その思いに応えるならば、後継は彼女でしょう。以前、高市さんと教科書問題で対談したときもしっかりした考え方の持ち主という印象を受けたし、著書を読んで政治家としての資質と覚悟を感じた」

 心理学者の富田隆氏やかつての「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人の1人で評論家の石平氏も、「保守政治を分かりやすく国民に伝える能力を持っている」(富田氏)、「政治家に必要な国民に呼びかけるアピール能力が高い」(石氏)と候補に挙げる。

 やはり保守論壇の大物で安倍ブレーンとして知られた百地章・国士舘大学特任教授は別の見方をする。

「安倍後継ということであれば、岸田文雄・総理(4位)に“大化け”してもらいたい。安倍さんが亡くなった後の会見でも安倍政治を引き継ぐとおっしゃっていた。私が成し遂げてほしい安倍政治の政策は憲法と皇室の課題です。岸田さんもこの2つはやり遂げたいと思っているのではないかと期待している」

 一方、政治ジャーナリスト・藤本順一氏が推すのは「安倍氏の政敵」と見られてきた石破茂氏(9位)だ。

「石破さんは憲法改正、安全保障分野では自民党タカ派路線の第一人者です。自民党の憲法改正草案策定では、石破さんは9条撤廃論を主張して自衛隊明記論の安倍さんと対立したが、保守合同以来の自民党の改憲論の流れでいえば、むしろ石破さんが唱える9条撤廃論がタカ派の本流です」

 経済小説の作家・江上剛氏もこう言う。

「安倍さんは体調不良で一度政権を降りたにもかかわらず、いろんな反発を受け、批判される中で政権を長く保ち、自らの政治を行なった。それを踏まえれば、石破さんも安倍政権で徹底的に干されながら、忖度せずに自らの政策を訴え続け、無視されて派閥まで解散することになった。孤高の人です。

 そうした信念を持つ政治家だからこそ、安倍さんのように復活して政治を担う資質がある。企業でも、大社長がいなくなった後、反目していた経営者が後任になって成功することは多い」

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン