芸能

小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も

中国語修得に必死になるのには理由があった?

小島瑠璃子の中国進出の成否は?

 中国での芸能活動を視野に入れて、来年から中国の大学に留学する予定であることを発表した小島瑠璃子(28才)。現在は、中国移住に向けて日本国内での仕事はセーブしている状態で、司会を務めるTBS系『サタデープラス』についても、9月で卒業することが明らかになった。

 2019年ごろから中国進出を考えて、中国語の勉強をしていたという小島。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、留学が実現できない状態が続いていた。

「日本人の海外進出において、一番の課題となるのが語学力。しかし、小島さんはすでに3年以上中国語を学んでいるということもあって、かなり話せる状態のようですね。中国の大学に入ったら、そこでまた中国語のスキルもアップするでしょうし、留学というステップを踏んだ上での芸能活動となれば、語学力についての心配もなさそうですね」(テレビ局関係者・以下同)

 バラエティー番組で大活躍していた小島だが、ここ数年は仕事が減少傾向にあった。

「顕著な例として『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)と『トークィーンズ』(フジテレビ系)という多くの女性タレントがトークを繰り広げる2つの番組があります。

両方の番組に出ているのは、いとうあさこさん、若槻千夏さん、ファーストサマーウイカさん。『上田と女が吠える夜』には大久保佳代子さんやMEGUMIさん、『トークィーンズ』には指原莉乃さんやみちょぱさん、藤田ニコルさんなどが出演しています。以前なら、こうした番組に小島さんの名前がないのはありえなかったはずなんですが、今は両番組ともに出ていない。中国進出のために仕事をセーブしているとはいえ、『上田と女が吠える夜』についてはパイロット版が2017年に放送されていて、そこにも出演していません。言ってみれば、女性タレントの“出演枠争い”でなかなか勝ち抜けなくなっていた現状があったんですよね。

 いとうさんや大久保さん、MEGUMIさんのような小島さんより上の世代も席を譲らないし、みちょぱさんやウイカさんのような下の世代からの突き上げも厳しい。そして、同じホリプロの後輩である井上咲楽さんもバラエティー番組で大活躍している。そういったなかで徐々に存在感が薄れていった小島さんが、中国に活路を求めるのは、自然の流れなのかもしれませんね」

小島瑠璃子のバラエティースキルは武器になるのか

 かつては、的確なコメントとリアクションで、バラエティー界を席巻した小島は、その能力を中国で活かすことができるのだろうか。

「小島さんのスキルが日本のバラエティー番組では強力な武器になっていましたが、それが中国のテレビ番組などで活かせるかどうかはまったくわかりません。前例がないし、お笑い芸人や女性タレントがトークや企画で楽しませるスタイルのバラエティー番組は、日本独自の要素が強い。そもそもタレントとしての小島さんが活躍する場が、中国にあるかどうかも微妙かもしれません。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン