国内

「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月

高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)

高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)

 旧統一教会問題とともに永田町に激震を与える五輪汚職事件。ここで名前が浮上するのは、“安倍派の後見人”だ。ノンフィクション作家・森功氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 ついに東京地検特捜部が高橋治之(78)を逮捕した。ご承知の通り、当人にかけられている嫌疑は、2021年東京五輪の組織委員会元理事としての収賄だ。高橋は2017年9月、自ら経営するコンサルタント会社『コモンズ』で紳士服メーカー『AOKIホールディングス』と契約。AOKIの五輪スポンサー決定からさかのぼる1年前のことだ。これ以降の4年、AOKIから受け取ってきた顧問料合計4500万円が、五輪スポンサーに選んでもらうための賄賂ではないか、という疑いである。加えて高橋にはAOKI側から2億3000万円が渡っていた事実も浮かび、追いつめられていった。

 高橋といえば、大手広告代理店『電通』元専務にして、日本のスポーツビジネス界の大物。わけても“五輪のドン”の異名をとるほど、東京五輪に影響力を行使してきた。

 逮捕された高橋の後ろ盾が元首相の森喜朗だというのも、なかばスポーツ界の常識となってきた。森自身は肺がんなどの闘病生活を経て人工透析を欠かせないといわれる一方、安倍晋三亡き後の安倍派の後見人として、その名が取り沙汰されるほど、政界における存在感を残してきた。東京・虎ノ門の『日本財団』内にオフィスを構え、今も政官財の著名人が足を運ぶ。ときには首相の岸田文雄も会食に誘っている。

 森は東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会会長を務め、自他ともに認める“五輪のご意見番”である。同じ組織委員会の理事だった高橋が、五輪のスポンサー選びで神通力を発揮できたのもまた、森のおかげだといわれてきた。

 その高橋に司直が切り込んでいるのだ。

「東京地検特捜部はこの春から捜査を続けてきました。読売(新聞)の早打ち(高橋に関する捜査の第一報)で捜査の段取りが狂った感は否めないけど、捜査に支障はないでしょう」(検察関係者)

 特捜部は7月26日以降、高橋の自宅やAOKIの関係先、さらには古巣の電通のほか、広告代理店『ADKホールディングス』にまで家宅捜索に踏み切った。そのうえの逮捕だ。

「特捜部は五輪マネーの流れを解明し、高橋だけでなく、その先のターゲットを見据えているはず」(同・検察関係者)

 政官界汚職の摘発を旨としてきた地検特捜部の捜査だけに全容解明への期待が膨らむのである。なかでも蜜月と呼ばれた森と高橋の関係はどうなっているのか。“五輪のドン”と“五輪のご意見番”―。そこは政官界のみならず、五輪やスポーツビジネス通なら誰もが関心を抱くが、今のところその類の報道はとんと見あたらない。あたり前のように語られる二人の関係は実のところ、あまり知られていない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン