芸能

谷村新司が明かす名曲『サライ』誕生秘話 最初に浮かんだ歌詞はサビだった

「サライ」が初めてエンディングで披露された1992年放送の『24時間テレビ』

『サライ』が初めてエンディングで披露された1992年放送の『24時間テレビ』

「みんなでカラオケに行きますと、そろそろお開きというときに『サライ』を歌う。そんな社会現象まで生まれました。みんなが歌い始めると、私は“さぁ、いよいよ間寛平、日本武道館が見えてまいりました……”と実況中継を楽しんでいます(笑い)。名曲はたくさんありますが、ブームで終わらずに年代も問わず、歌い継がれている。まさに、名曲中の名曲だと思います」

 こう感慨深げに語るのは徳光和夫(81才)。『24時間テレビ』(日本テレビ系)の総合司会として、そしてランナー、現在はサポーターとして、番組のエンディングを飾る『サライ』を背に、感動の涙を幾度となく流してきた──。

 今年6月にコンサート活動からの引退を発表し、12月に最後のステージを迎える加山雄三(85才)。8月27〜28日に放送される45回目の『24時間テレビ』で『サライ』を歌唱するのもこれが最後となる。

『君といつまでも』『旅人よ』『海 その愛』など数々のヒット曲を生み出してきた加山だが、なかでも『サライ』は老若男女問わず愛され続けている名曲だ。超長距離の道のりを走り続けてきたチャリティーマラソンのランナーを、ゴールで出演者らが『サライ』を大合唱して出迎える。数々の感動は、常にこの曲とともにあった。

最初に浮かんだ歌詞はサビだった

 加山がこの曲を作曲したのは、放送15回目の1992年。このときの『24時間テレビ』のテーマが「愛の歌声は地球を救う」だったことから、企画の1つとして「エンディング曲を番組内で作る」ことが決まったという。

 作詞を担当したのは谷村新司(73才)。まず加山が作曲し、谷村は番組中にFAXで送られてきた視聴者からのメッセージをもとに、加山の曲に合わせて詞を書き上げる。そして出来上がった曲をエンディングで全員が歌う──まさに前代未聞のチャレンジだった。谷村がその舞台裏を語る。

「最初に聞いたときは、“はぁー!?”って思いましたね。8時間で作曲し8時間で作詞、残りの時間でアレンジをして、エンディングで歌う。そんな無謀な企画があるのかって(苦笑)。

 でも、メロディーを作るのが加山さんだとお聞きして、やれそうな気がしたんです。加山さんはぼくらの時代の憧れの存在。自分で曲を作って歌うことを教えてくれた人ですから。無茶だという思いより、加山さんと一緒に歌を作れる喜びの方が大きかった。だから、とにかく8時間がんばってみようと思えたんです」

 実は「作詞は谷村で」というのは加山からの指名だった。

「それまで加山さんと一緒に仕事をしたことはなかったので、そんなふうにぼくのことを見てくれていたんだといううれしさと驚きがありました。加山さんが楽曲を作っているとき、“谷村と歌うのをイメージして書いてるからね”っていう連絡が来たんです。いざ完成したメロディーを聴いたら、ものすごく壮大な、すごくいいメロディーだった。うれしかったのと同時に、プレッシャーも大きくなりました」(谷村・以下同)

 作詞作業に入ると、こんなサプライズも待ち受けていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン