国内

生稲晃子参議院議員とおニャン子クラブの元メンバーたちの“シアワセ比べ”

窮地の生稲氏(時事通信フォト)

「生稲さんはタレントとしても苦労をしてきた」と山田さん(時事通信フォト)

 先の参院選で初当選した、おニャン子クラブの元メンバーである生稲晃子・参議院議員(54才)。ほかの元メンバーたちは今、どうしているのか。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが綴る。

 * * *

生稲さんはタレントとしても苦労してきた

「暑かったので、顔を直すこととか、自分が何を話すか間違えないように必死で」とは、旧統一教会の施設訪問報道を受けて8月18日、“ぶらさがり”に応じた生稲晃子参議院議員の弁です。

 汗くずれが気になっちゃったのですね。選挙戦中も半袖ポロシャツに合わせてアームカバーで日焼け防止。投開票日の7月10日、予想より遅かった当確に「本当によかった」とコメントした声はまったく枯れていませんでした。ここでもタレント気分が抜けず、声の温存に徹していたのでしょうか。女性議員特有の「〜であります」という言葉遣いがまだ身についていないのは個人的には好感が持てますけれど、旧統一教会問題以外にも問題山積の生稲さんです。

 匿名を条件とした“身内”から「国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りないから」選挙特番に生出演しない……との声が聞こえたのは、投開票日の『池上彰の参院選ライブ』(テレビ東京系)でのこと(直後、生稲さんの広報担当を務めていた、元テレビ朝日アナウンサーでプロレスデビューもした都議会自民党の川松真一朗議員・41才が猛抗議)。その前にも、各局・各紙からのアンケートでの“無回答”や“コピペ”が問題視されていた生稲さんは、初登院の日も、おニャン子時代からの男性ファンが集まる正門を避け、北門からひっそり登院したことにも批判が。さらに音楽業界4団体が生稲さんと今井絵理子議員(38才)の支援を表明してからは、同業者からも少なからず批判の声があがっているのです。

 実はタレントとしても、なかなかの苦労をしてきた生稲さん。「ホリプロスカウトキャラバン」と「ミス南ちゃんコンテスト」での“落選”を経て、「おニャン子クラブ」のオーディションを受けたそうです。

 会員番号40番の生稲さんは、すでに“おニャン子ブーム”が確立されてからのメンバー。内海和子サン(55才)や、人気絶頂期に「歯科衛生士になる」ため電撃卒業した中島美春さん(54才)、そして人気ナンバーワンだった新田恵利サン(54才)ら素人っぽさを売りにするメンバーが前列を占めていた頃に比べると、プロ臭がただよっていたものです。

 後にネプチューンの名倉潤サン(53才)と結婚する“元祖・意識高い系タレント”渡辺満里奈サン(51才)のバックコーラスに工藤静香サン(52才、説明は不要ですね)とつき、その工藤サン、斉藤満喜子さん(51才)との「うしろ髪ひかれ隊」を経てソロ歌手へ。女優として大御所からかわいがられ、ご主人と切り盛りする庶民的な鉄板焼き店へのテレビや雑誌からの取材依頼に協力的だった生稲さんは、超売れっ子ではないものの好感度は抜群でした。

 42才のときに乳がんが判明、実は5度の手術を受けていたことを「ピンクリボン」のイベントで告白。「心理カウンセラー」になり、その後、「働き方改革実現会議」の有識者委員に選出され、今春は、有名美容室チェーン『田谷』の社外取締役にもなっていた生稲さんに対し、安倍元首相が「擁立」に動いたのは自然な流れだったと言えましょう。

 そんな生稲さんきっかけで、元おニャン子クラブのメンバーの“いま”が、そこかしこで取り沙汰されています。

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン