芸能

チャック・ウィルソンさん(75)が語る人生の危機「年収1億円を目前にバブル崩壊」からいかに復活したか【全3回の3回】

風格あり

「“年収1億円”を目前に…」と振り返ったチャックさん

 1983年にスタートした『世界まるごとHOWマッチ』(MBS・TBS系)に準レギュラーとして出演し、大物司会者である大橋巨泉さんに食ってかかるような物言いで人気を博したチャック・ウィルソンさん(75)。テレビに出始めた頃は東京・麻布のスポーツジムの共同経営者だったが、その後、ビジネスにも追い風が吹くようになった。【全3回の第3回。第1回から読む

「当時はバブルが弾ける前で、日本の経済状態が極端によかった。僕はそれまで“怪しい外国人”と思われていたけど、テレビに出たら一気に名前が売れて、社会的信用も得られた。この機会に自分の力で健康づくりを広めたいと思い、1987年にスポーツジムから独立して『チャック・ウィルソン・エンタープライズ』を設立しました」(チャックさん。以下同)

 目指したのは、「人生を長く楽しく生き切る」ための健康づくりのサポートだ。総合スポーツセンターの企画提案や体力づくりのカウンセリングなどの事業を進めると、テレビ出演による知名度の高さも手伝い、ビッグビジネスの依頼が舞い込むようになった。

「大企業から、『スポーツ施設の企画をやってほしい』とのオファーがいくつもありました。僕はプロデューサーとして市場を調査して事業計画書を作り、建設業者とも仕事をした。施設のオープン後2~3年は業務委託で現場の指導をして、業績が軌道に乗ってから引き渡すというプランでした。業績は絶好調で、社員を20人ほど抱えるようになった」

『HOWマッチ』ではケチャック(ケチなチャック)とあだ名がついたチャックさんだが、本業は大盛況となった。このままさらにビッグになる──そう思った矢先に、バブル崩壊という大きな落とし穴が待っていた。深いため息とともにチャックさんが振り返る。

タレント業のオファーも減って……

「バブルが弾けて、大企業がスポーツ施設の副業から一斉に手を引きました。1990年6月時点で数十億円の仮契約があって、プロデュース料が3%くらい入る予定だったけど全部パー。“年収1億円”を目前に、翌月には従業員の給料が払えなくなりました。事業は大幅縮小、タレント業のオファーも減っていった」

 大商いから一転して倒産寸前という大ピンチを迎えたチャックさん。だがこの時、知人に名古屋の企業を紹介してもらったことが救いの手となった。

「名古屋の企業は、輸入した運動機器を医療機関に販売するディーラーでした。そこと契約して、輸入元の企業と連携したり、運動機器を病院やスポーツセンターに買ってもらうために自ら営業をした。月の半分は名古屋に単身赴任。そうした生活を5年ほど続けるうちに、売り上げが5~6倍になりました」

 復調の足掛かりをつかんだチャックさんはその後、茨城県牛久市で生活習慣病を予防する運動施設をプロデュース。運動療法のプログラム作成や指導に取り組んだ。2000年からはマンツーマンで健康づくりを指導するパーソナルトレーニングを始め、コロナ禍の現在も30人以上の顧客を個別指導している。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン