芸能

チャック・ウィルソンさん(75)が語る人生の危機「年収1億円を目前にバブル崩壊」からいかに復活したか【全3回の3回】

風格あり

「“年収1億円”を目前に…」と振り返ったチャックさん

 1983年にスタートした『世界まるごとHOWマッチ』(MBS・TBS系)に準レギュラーとして出演し、大物司会者である大橋巨泉さんに食ってかかるような物言いで人気を博したチャック・ウィルソンさん(75)。テレビに出始めた頃は東京・麻布のスポーツジムの共同経営者だったが、その後、ビジネスにも追い風が吹くようになった。【全3回の第3回。第1回から読む

「当時はバブルが弾ける前で、日本の経済状態が極端によかった。僕はそれまで“怪しい外国人”と思われていたけど、テレビに出たら一気に名前が売れて、社会的信用も得られた。この機会に自分の力で健康づくりを広めたいと思い、1987年にスポーツジムから独立して『チャック・ウィルソン・エンタープライズ』を設立しました」(チャックさん。以下同)

 目指したのは、「人生を長く楽しく生き切る」ための健康づくりのサポートだ。総合スポーツセンターの企画提案や体力づくりのカウンセリングなどの事業を進めると、テレビ出演による知名度の高さも手伝い、ビッグビジネスの依頼が舞い込むようになった。

「大企業から、『スポーツ施設の企画をやってほしい』とのオファーがいくつもありました。僕はプロデューサーとして市場を調査して事業計画書を作り、建設業者とも仕事をした。施設のオープン後2~3年は業務委託で現場の指導をして、業績が軌道に乗ってから引き渡すというプランでした。業績は絶好調で、社員を20人ほど抱えるようになった」

『HOWマッチ』ではケチャック(ケチなチャック)とあだ名がついたチャックさんだが、本業は大盛況となった。このままさらにビッグになる──そう思った矢先に、バブル崩壊という大きな落とし穴が待っていた。深いため息とともにチャックさんが振り返る。

タレント業のオファーも減って……

「バブルが弾けて、大企業がスポーツ施設の副業から一斉に手を引きました。1990年6月時点で数十億円の仮契約があって、プロデュース料が3%くらい入る予定だったけど全部パー。“年収1億円”を目前に、翌月には従業員の給料が払えなくなりました。事業は大幅縮小、タレント業のオファーも減っていった」

 大商いから一転して倒産寸前という大ピンチを迎えたチャックさん。だがこの時、知人に名古屋の企業を紹介してもらったことが救いの手となった。

「名古屋の企業は、輸入した運動機器を医療機関に販売するディーラーでした。そこと契約して、輸入元の企業と連携したり、運動機器を病院やスポーツセンターに買ってもらうために自ら営業をした。月の半分は名古屋に単身赴任。そうした生活を5年ほど続けるうちに、売り上げが5~6倍になりました」

 復調の足掛かりをつかんだチャックさんはその後、茨城県牛久市で生活習慣病を予防する運動施設をプロデュース。運動療法のプログラム作成や指導に取り組んだ。2000年からはマンツーマンで健康づくりを指導するパーソナルトレーニングを始め、コロナ禍の現在も30人以上の顧客を個別指導している。

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン