芸能

半年でメインゲストに登り詰めたJP、業界内で愛される意外な理由

ブレイク筆頭の芸人、JP

ブレイク筆頭の芸人、JP(インスタグラムより)

 今年ブレイクした芸人の筆頭といえば、JP(39才)だろう。松本人志の代役出演で一躍、脚光を集めた彼が今、人気番組のメインゲストでの出演が急増している。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが業界内で際される理由に迫った。

 * * *
 4日夜の『行列のできる相談所』(日本テレビ系)にモノマネ芸人のJPさんが出演します。

 驚かされるのは、再現VTRなどではなくスタジオゲストであり、ラテ欄に「JPが14年間口をきかなかった弟と…」、ホームページに「JPが14年間も会話していない弟にサプライズ!」と書かれるなど、見どころのトップ扱いであること。この日は岡田准一さんや坂口健太郎さんらもゲスト出演するだけに、JPさんの扱いが急激に上がっている様子がうかがえます。

 業界内では「2022年断トツのブレイク芸人」と言われるJPさんのきっかけは、1月30日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)。コロナ感染者の濃厚接触者となった松本人志さんの代わりに出演し、東野幸治さんにふんした原口あきまささんとオープニングコントを披露しました。さらにJPさんは4日後の2月3日にも、『ラヴィット!』(TBS系)で川島明さんの代理出演。モノマネのクオリティとフットワークのよさが称賛を集めました。

 それから半年あまり、当初はモノマネを披露するだけのスポット出演が多かったものの、現在ではさまざまな番組に出演。ネタ番組の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)、『千原ジュニアの座王』(関西テレビ)。トーク番組の『しゃべくり007』(日本テレビ系)、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)、『ボクらの時代』(フジテレビ系)、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)、『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)。

 生放送情報番組の『ポップUP!』(フジテレビ系)、経済番組の『モノ・マネー』(NHK Eテレ)、クイズ番組の『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)、『99人の壁』(フジテレビ系)、子ども向けの番組の『おはスタ』(テレビ東京系)、動物番組の『サンドウィッチマンのどうぶつ園飼育員さんプレゼン合戦ZOO-1グランプリSP』(CBC・TBS系)、占い番組の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)。

 その他にも、現在放送中の『ZIP!』(日本テレビ系)内ドラマ「泳げ!ニシキゴイ」に出演したり、最近でも8月31日に『鳥人間コンテスト2022』(読売テレビ・日本テレビ系)にゲスト出演したりなど、モノマネ芸人の枠を超えたジャンルレスな活躍を見せています。

 どんなに似ているとしても松本人志さんのモノマネだけではここまで短期間で出演の幅を広げることは難しいだけに、なぜ今、JPさんはここまで求められているのか。業界内のさまざまな人に話を聞いて、その秘密を探ってみました。

「マジメな苦労人」の長身イケメン

 JPさんについて業界内で制作現場や記者などに話を聞いたとき、最も返ってきた言葉は、「マジメ」「苦労人」でした。

 現在39歳のJPさんは、小学生のころからずっといじめられていて友だちがいなかったこと、いじめを逃れるためにモノマネを練習して徐々にレパートリーを増やしたこと、お笑いコンビを結成しながら1年で解散したこと、上京するために就職して働いていたこと、オーディションに10年落ち続けて極度の貧乏暮らしをしていたことなどを明かしています。

前述した出演番組の中で「トーク番組が最も多い」という事実からも、テレビマンたちが遅咲きの苦労人であることに注目し、その人柄に興味を持っている様子がわかるでしょう。「モノマネ芸人はトークが苦手」と言われ、モノマネを披露する1~2分程度の出演時間に留まる人が多いだけに、JPさんは別格の扱いを受けているのです。

 ただJPさんのトークは、まだまだ発展途上の段階。MCから噛んでしまうことを指摘されるシーンもありますし、モノマネを連発して逃げ切るようなときも少なくありません。しかし、そんなJPさんを「ちょっと挙動不審なのがいい」「ウブだからイジリやすい」などと面白がるような声もあります。たとえばJPさんは8月24日の『ホンマでっか!?TV』で極度のあがり症であることを明かしていましたが、それをMCの明石家さんまさんが楽しそうにイジっていました。

関連記事

トピックス

古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
愛子さまの選択はご公務にも影響を与える可能性
【宮内庁の公式インスタグラム】「フォローする・しない」が外交上のトラブルを生む可能性 “誹謗中傷”\\\\\\\\\\\\\\\"いいね至上主義”のリスクも
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
95歳で亡くなった宗田先生
《宗田理さんラストインタビュー》『ぼくらの七日間戦争』は「子ども向けに書いたものではなかった」根底にあった戦争体験と国家への不信感
NEWSポストセブン
(写真/PIXTA)
【紅麹問題で注目される“サプリメントの闇”】すべての製品の有効性・安全性が担保されていない実情、「機能性表示」という仕組みにも問題アリ
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン