芸能

宮沢りえと森田剛 互いの呼び方は「宮沢さん」「剛ちゃん」良好な夫婦関係

宮沢りえと森田剛の夫婦仲は良いという

宮沢りえと森田剛の夫婦仲は良いという(写真は2021年)

《生きていると、光もあって。影もある。でも、影には、光の兆があるのかもね》。8月下旬、自身のインスタグラムに意味深長な言葉を綴ったのは宮沢りえ(49才)。彼女はいま、近畿地方のある町で新作映画の撮影に取りかかっている。

「数年前、日本で実際に起きた大量殺人事件を題材にした社会派の問題作で、公開は来年以降になる予定。シリアスな難役に挑むりえさんは、一日の撮影が終わるたびに深く考え込んでしまうほどだといいます」(映画関係者)

 現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、義時の継母・りくを熱演するりえ。美しい垂れ髪も評判を呼んだが、前述の出演映画では一転、髪を短く切り大胆にイメチェン。9月7日のインスタでも鮮烈なベリーショート姿を披露した。

「7月頃に髪を短くしたことを報告したばかりですが、今回は前髪をばっさり切って“オン眉”に。それが一段とかわいらしく、現場でも撮影の張り詰めた空気が明るくなると好評です」(前出・映画関係者)

 昨年12月に、座長を務めた舞台『泥人魚』の公演も盛況を博し、女優として円熟の域に達した感もあるりえ。一方、夫の森田剛(43才)の活動も軌道に乗りつつある。

「昨年11月の独立後、りえさんと共に新事務所『MOSS』を設立。舞台を中心に俳優活動を行ってきましたが、妻夫木聡さんを育てたベテランマネジャーもサポートに付き、今後は活動の幅を広げて行く予定だといいます。すでに地上波の大きな仕事が内定しているそうです」(芸能関係者)

 さらに強力な後押しとなったのが、社長でもあるりえの存在だった。

「今年6月、映像作家のOSRINさんを取り上げた『情熱大陸』(TBS系)に、森田さんの仕事の打ち合わせに立ち会う真剣な表情のりえさんの姿が映っていました。森田さんを役者として高く評価するりえさんは、彼に届いた映画やドラマの台本を読み込み、ここぞという作品には猛プッシュして“売り込む”こともあるそうです」(前出・芸能関係者)

 番組では、りえが何げなく森田を「剛ちゃん」と呼ぶ場面も話題になった。一方で、夫は妻を意外な名で呼んでいる。

「2018年に結婚して以来、夫婦仲のよさは周囲の誰もが認めるところ。森田さんは外では彼女を『宮沢さん』と呼び、社長としても、役者の先輩としても敬意を払っているようです」(舞台関係者)

 森田は結婚を機に姓を“宮澤”に変えているのだが……。夫婦の呼び名が“いびつ”なのは、森田がオンとオフをしっかり分けているからだろう。家族の前で見せる顔はまた違うようだ。

 りえには前夫との間に生まれた13才の娘がいるが、森田とも結婚前から良好な親子関係を築いているという。

「娘さんは写真や絵画が好きで、りえさんと共著で絵本を出版したことも。りえさんのインスタグラムや森田さんのツイッターにも時々、娘さんが撮影した前衛的な写真がアップされています。よく母不在で父と娘だけで“デート”する姿も目撃されていますよ」(スポーツ紙記者)

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン