スポーツ

熱狂的な長嶋茂雄ファン・黒鉄ヒロシ氏が語るその魅力「長嶋さんは民間天皇です」

令和の時代にも私たちを元気にしてくれる“ミスタープロ野球”長嶋茂雄氏(写真/共同通信社)

令和の時代にも私たちを元気にしてくれる長嶋茂雄氏(写真/共同通信社)

 9月6日、巨人の終身名誉監督である長嶋茂雄氏(86)が脳出血で都内の病院に緊急入院した。その後、「命に別状はない」と報じられ、次女・三奈さん(54)は球団を通じて〈手足のリハビリを始めています。意識ははっきりしていて、声も力強く元気です〉と発表した。無事であったことに、日本中が胸をなで下ろしたのではないか。まさし「昭和の大スター」である長嶋氏が残した数々の伝説は、令和の時代にも私たちを元気にしてくれる。そんなミスターの逸話を振り返ろう。【全4回の第1回】

“ミスタープロ野球”は、立教大学在学中から東京六大学リーグで大活躍を見せ、プロ3球団の争奪戦の末、巨人に入団した。

 野性的な動きと勝負強いバッティングで一躍人気者となると、プロ2年目の1959年には天覧試合でサヨナラホームランを放ち、ヒーローの座を不動のものとした。

「記憶の長嶋」と言われるが、シーズン最多安打10回はダントツの日本記録。巨人の9年連続日本一(1965~1973年)をチームリーダーとして牽引した。

 当時の少年たちは、そんな長嶋氏に心をときめかせた。熱狂的な長嶋ファンの漫画家・黒鉄ヒロシ氏(77)はこう言う。

「あの頃はどこの家もオヤジが戦争帰りで、貧乏な家庭ばっかりだった。まあ、全員が貧しいから貧乏を貧乏と思っていませんでしたけどね(苦笑)。遠足にバナナを1本持っていけるというだけで嬉しくて仕方なかった。

 そんな時代に登場したのが長嶋さんでした。それまでも川上哲治さんのような有名選手はいたが、やっぱり長嶋さんは別格。僕は50年ほど前から“長嶋さんは民間天皇”だと言っています。今の若い人はピンと来ないかもしれないが、それぐらい特別な存在だった」

 ゴロをさばく動きひとつとっても華やかだった。

「後に長嶋さんに直接聞いた話だと、あの守備は歌舞伎の六方(手足を大きく振るなど動きを誇張する演出)を参考にしていたそうですが、とにかく派手でね。まだ貧しかった時代に、『長嶋茂雄』は最高のエンターテインメントでした」(黒鉄氏)

 高度経済成長期を迎え、ラジオからテレビへの転換期でもあった。ブラウン管越しの長嶋氏が輝いて見えたと話すのは、巨人ファンで知られる落語家のヨネスケ氏(74)だ。

「僕は同じ千葉県出身ですが、最初に長嶋さんのことを知ったのは、立教大学時代にホームランを打つ場面をテレビで見た時のことです。まだ我が家にはテレビがなくて、隣の魚屋で中継を見せてもらい、“これが長嶋だ。将来プロで活躍するよ”と教えられた。巨人入団後の人気はもう別格で、風呂屋の下駄箱や脱衣箱は長嶋さんの背番号である『3番』の奪い合い。しばらくして(王貞治氏の)『1番』を欲しがる子も増えましたが、僕は『3番』を貫きましたね」

 今回の入院の一報にも、「全く心配していません。またすぐにリハビリで元気になった姿を見せてくれるんじゃないかな」とヨネスケ氏は少年のように目を輝かせた。

(第2回に続く)

※週刊ポスト2022年9月30日号

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン