芸能

【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え

町田啓太と玄理がトイプードル同棲

町田啓太と玄理がトイプードル同棲

「ミラクルというか、引き寄せの多い一年でした」──2018年、俳優・町田啓太(32才)は年末のイベントでこう語った。いま思えば、引き寄せたことのひとつは彼女だったのかもしれない。2020年下半期に大ブレークし、主演はもちろん脇役でも目が離せない存在となった彼を、いちばん近くで支え続けた、4才年上女優の素顔とは──。

 9月中旬、まだ夏の気配が夜風に残る東京・銀座。ネオンの合間にたたずむ割烹料理店で、北村一輝(53才)や佐藤寛太(26才)など俳優仲間とテーブルを囲む町田啓太の姿があった。

 積もる話があったのか、一行が店を出たのは夜も深まった午前2時過ぎ。人影もまばらになった銀座の路上で、それでもまだ名残を惜しむように、町田は仲間としばらく話し込んでいた。

 その輪のなかに、人目をひく鮮やかなピンクのロングワンピースを着た女性がひとり。町田の隣に自然に寄り添い、時折見つめ合って言葉を交わす。身長181cmの町田と並んでも、見劣りをしないスタイルの持ち主だ。町田が帽子を脱いで深くお辞儀をし、仲間たちの輪を離れると、女性もピタリとそのあとに続いた。そして、タクシーに乗り込んで帰った先は、ふたりが暮らす家──。

「劇団EXILE」のメンバーである町田は、中学校卒業後はパイロットを目指し、日本航空第二高等学校(現・日本航空高等学校石川)に進学。

「両親に頼み込んで、地元を離れての決断だったそうです。でもそうして進んだ高校で、ダンスに出会ってしまって夢中に。視力の問題でパイロットになることが難しいとわかると、ダンスを教える体育教員を目指すため、日本体育大学へ進みました。町田さんには昔から、こうと決めたら揺らがない強さがあったようですね」(テレビ局関係者)

 大学でのダンスサークルでの活動が芸能関係者の目に留まり、所属事務所が運営するダンススクールに特待生として入学。その後2010年に開催された「第3回劇団EXILEオーディション」で、約2000人の頂点に立ち、舞台『ろくでなしBLUES』で俳優デビューを果たした。

 順調にキャリアを積み、いまや「人気ナンバー1の若手俳優」といわれるようになった町田。いままで恋の噂もなかった彼だが、実は、秘めた恋を育んでいた。お相手は冒頭のピンクのワンピースの女性だ。

「玄理さん(35才)という女優です。東京生まれの韓国籍の女性で、もともと芸能界へ興味を持っていた彼女は、『王様のブランチ』(TBS系)でリポーターを務めていたこともあります」(映画関係者)

 玄理は青山学院大学の在学中、韓国の大学に交換学生として渡韓し、演技学校に通い始めたことから俳優の道をスタートさせた。歌手イ・ジョンの『熱』(2006年)のミュージックビデオ出演でデビュー。その後、岩井俊二監督の映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016年)、Netflixドラマ『全裸監督』(2019年)など、主に日本の作品に出演している。

「中学生のときにイギリスに留学し、英語も堪能。日本語、韓国語、英語を操るトライリンガルです。海外作品への参加も多く、彼女自身もアジア、そして世界での飛躍を目標にしています」(前出・映画関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン