芸能

【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え

町田啓太と玄理がトイプードル同棲

町田啓太と玄理がトイプードル同棲

「ミラクルというか、引き寄せの多い一年でした」──2018年、俳優・町田啓太(32才)は年末のイベントでこう語った。いま思えば、引き寄せたことのひとつは彼女だったのかもしれない。2020年下半期に大ブレークし、主演はもちろん脇役でも目が離せない存在となった彼を、いちばん近くで支え続けた、4才年上女優の素顔とは──。

 9月中旬、まだ夏の気配が夜風に残る東京・銀座。ネオンの合間にたたずむ割烹料理店で、北村一輝(53才)や佐藤寛太(26才)など俳優仲間とテーブルを囲む町田啓太の姿があった。

 積もる話があったのか、一行が店を出たのは夜も深まった午前2時過ぎ。人影もまばらになった銀座の路上で、それでもまだ名残を惜しむように、町田は仲間としばらく話し込んでいた。

 その輪のなかに、人目をひく鮮やかなピンクのロングワンピースを着た女性がひとり。町田の隣に自然に寄り添い、時折見つめ合って言葉を交わす。身長181cmの町田と並んでも、見劣りをしないスタイルの持ち主だ。町田が帽子を脱いで深くお辞儀をし、仲間たちの輪を離れると、女性もピタリとそのあとに続いた。そして、タクシーに乗り込んで帰った先は、ふたりが暮らす家──。

「劇団EXILE」のメンバーである町田は、中学校卒業後はパイロットを目指し、日本航空第二高等学校(現・日本航空高等学校石川)に進学。

「両親に頼み込んで、地元を離れての決断だったそうです。でもそうして進んだ高校で、ダンスに出会ってしまって夢中に。視力の問題でパイロットになることが難しいとわかると、ダンスを教える体育教員を目指すため、日本体育大学へ進みました。町田さんには昔から、こうと決めたら揺らがない強さがあったようですね」(テレビ局関係者)

 大学でのダンスサークルでの活動が芸能関係者の目に留まり、所属事務所が運営するダンススクールに特待生として入学。その後2010年に開催された「第3回劇団EXILEオーディション」で、約2000人の頂点に立ち、舞台『ろくでなしBLUES』で俳優デビューを果たした。

 順調にキャリアを積み、いまや「人気ナンバー1の若手俳優」といわれるようになった町田。いままで恋の噂もなかった彼だが、実は、秘めた恋を育んでいた。お相手は冒頭のピンクのワンピースの女性だ。

「玄理さん(35才)という女優です。東京生まれの韓国籍の女性で、もともと芸能界へ興味を持っていた彼女は、『王様のブランチ』(TBS系)でリポーターを務めていたこともあります」(映画関係者)

 玄理は青山学院大学の在学中、韓国の大学に交換学生として渡韓し、演技学校に通い始めたことから俳優の道をスタートさせた。歌手イ・ジョンの『熱』(2006年)のミュージックビデオ出演でデビュー。その後、岩井俊二監督の映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』(2016年)、Netflixドラマ『全裸監督』(2019年)など、主に日本の作品に出演している。

「中学生のときにイギリスに留学し、英語も堪能。日本語、韓国語、英語を操るトライリンガルです。海外作品への参加も多く、彼女自身もアジア、そして世界での飛躍を目標にしています」(前出・映画関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「徳洲会」創設者・徳田虎雄氏。86歳で亡くなった(時事通信フォト)
【追悼】徳田虎雄さん 原動力となった「医療に革命を起こそうとする意志」 戦友が明かす「手についたぎょうさんの傷」への思い
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
『GO HOME~警視庁身元不明人相談室~』(日本テレビ系)で主演を務める小芝風花(撮影/槇野翔太)
「27歳の今が踏ん張り時です」小芝風花が語った“役者キャリアの正念場”
NEWSポストセブン
傷害と傷害致死で逮捕された野中千宙容疑者
《0歳児 暴行死》逮捕の26歳ママは夜に夫と二人きりで出かけ… 児相が保護、「赤ちゃんと暮らしたい」と引き取ったのに「殴って床に投げた」鬼母の所業
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
《中村芝翫の“ハシゴ不倫”》三田寛子が築いた“父親ファーストの家族像”「お父さんだけおかずが豪華で…」スキャンダル後に長男が見せていた“母への気遣い”
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業でレギュラーがなくなる名優の今後や“パートナー”が注目される
神田正輝、『旅サラダ』卒業でテレビ出演ゼロとなり“自由で穏やかな日々”へ パートナーとは同居せず“お互いの生活を尊重”
女性セブン
伊藤英明の育メン姿が目撃された
伊藤英明、毎朝満員電車で愛娘と登園するイクメンの顔 ママチャリで疾走する姿も近所の評判、アメリカ移住で深まった家族の絆
女性セブン
新居を売却
《フジ、日テレの新居報道騒動が新展開》大谷翔平、ロスの「12億円豪邸」を売却の意向「もうあそこには住めない」と怒りの決断か
女性セブン