国内

死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか

ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)

ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)

 自動車のシートベルト着用が義務化されたとき、窮屈だし必要ないと主張する人たちが少なからずいたが、今では大半の人がその有用性について知るところだろう。チャイルドシートも、同じように受け入れられ普及している。では、街で乗る人が急激に増えている電動キックボードのヘルメット着用については、どうだろうか? 俳人で著作家の日野百草氏が、電動キックボードによる死亡事故をきっかけに、安全対策について考えた。

 * * *
 やはり、電動キックボードのヘルメット着用はすべてにおいて義務化すべきである。

 2022年9月26日、東京都中央区でシェアリングサービス会社の電動キックボードを運転中に会社役員の男性が転倒、死亡した。飲酒運転の可能性があり、同社は「今回の事故を重く受けとめ、安全性向上に向けた不断の検証を進めていくとともに、飲酒運転の防止や交通ルール遵守の取組みをより一層徹底してまいります」とのコメントを出した。

 飲酒運転は違反である、それは大前提だ。しかし、だからといって死んでいいとはならない。まずは死亡した男性に対し、心からお悔やみを申し上げる。

 筆者はこれまでも、各メディアで電動キックボードの法的な不備とその危険性を訴えてきた。今年に入ってもこのNEWSポストセブンでは『電動キックボード「無免許ノーヘルで公道走行可」は見直すべきではないか』『電動キックボードの公道運転 無免許、無保険で事故なら人生が終わりかねない』のルポルタージュを書いている。

 もちろん、これをもって「それみたことか」を言うつもりはない。繰り返すが飲酒運転は道路交通法違反であり、シェアリングサービス会社の規約違反でもある。

 しかし、ヘルメットを被っていれば、助かった命かもしれない。

 現在、電動キックボードは駆動モーターの定格出力が0.6kw以下、排気量50cc以下相当として原付(原動機付自転車、原付1種)扱いとなっている。当然、原付のため制限速度は30km/h、もちろんヘルメットの着用は義務である。

 ところが、シェアリングサービスの電動キックボードは小型特殊自動車、いわゆる「小特」
となる。小特とは小型のトラクターやコンバイン、フォークリフトなどを公道で走らせるときの免許で、普通自動車や普通自動二輪の免許があれば勝手についてくる。実業高校で取らされたか10代からそうした仕事に従事、もしくは免許の種類を全部埋めるマニアでもない限り欄内になく、ほとんどのドライバーやライダーが意識せずに持っている免許である。

 このシェアリングサービスの電動キックボードは「産業競争力強化法」および経済産業省の「新事業特例制度」による実証実験として東京区部と一部都下でサービスが提供されている。制限速度は15km/h、ヘルメットの着用は任意である。つまるところ、「ノーヘル」で構わないことになる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン